蘇英09: Mussel Inn

 Mussel Innは、エジンバラの新市街、宿泊したホテルのすぐそばにあるシーフードレストランだ。名前のとおり、Mussel=ムール貝が名物らしく、「キロポット」というムール貝の酒蒸しのようなものが1キロ入ったバケツ(?)をオーダーできるらしい。

 ということで、ここではやはりムール貝のキロポットに挑まざるを得まい・・・とは思ったんだけども、ちょっと飽きそうだし、味の良し悪しもまだわかってなくて怖かったので、日和ってハーフキロポットにしておいた。それに、生牡蠣やら、シーフードの串焼きやらを注文して、白ワインなんぞをたしなんだ。

 さて、まずは生牡蠣。うまい。味付けをいろいろ選べるんだけど、素材本来の味だけでよかったので、Naturalとした。こういう氷盛りは「Cilled」、焼きは「Grilled」というらしい。グリルドはわかるけど、チルドってのはとっさに出ない英語だなぁ。勉強になる。

 続いてメインのムール貝。これまたいろいろとソースを選べるんだけども、Naturalにした。味のほうは・・・うむ、うまい。けど、感動するほどでもないなぁ。牡蠣のほうがうまかった気もする。この辺は単純に個々の好みだろうな。さらにいえば、アサリの酒蒸しのほうが好みだったりもするんだけど、でもまぁ、これはこれでうまかった。

 そのほかの料理も平らげ、前日のCreelersに続いて、はずすことなくスコットランドのシーフードを楽しめた。イギリスにいくとまずいものを食わされるというのを、最後まで回避するというテーマは、十分に実行できそうだぞ。

 そうそう、ここは注文したら勝手にフランスパンがついてきた。うれしい誤算。また、全体的に値段が手ごろで、店の雰囲気もカジュアルなのも好印象。旅人に優しい店だと思った。店の中も活気があって、店員の愛想もいい。また客層も私のような旅人から、地元の家族っぽい連中、一人で来ているお婆さんなどなど様々で、自分が浮くことがないと確信できて気楽だった。

 写真は↓ (※食べ物編の写真はピンボケばかりです)


   

生牡蠣

ムール貝のキロポット(1/2)
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。