RIFT: ビルド紹介

 何度か軽く触れているように、私のWarriorもすでに4つ目のロールまでを開放してあって、それぞれのロールごとのビルドを、場合場合で使い分けるようになっている。まぁ、多くの人はそうだろう。

 今回はそのラインナップを軽く紹介したい。

 ところで、これはどうでもいい個人的なポリシーなんだけども、私は少なくともここまでは、ビルドを作るときに、ソウルツリーそのもの以外の何も参考にしないようにしてきた。実際は偶然他の人とかぶっているかもしれないんだけど、一応どれもオリジナルビルドであるという自負、ちっぽけなプライドが、私においてはゲーム体験を向上させるので、せいぜいTwitter程度の情報量だけでビルドを組んでいる。

 なので、とても非効率な組み合わせかもしれませんよ、と前置きをしておいて紹介しよう。

 【ツリー1:PvP用】Paragon/Riftblade/Vindicator。Paragonに51ポイント振って戦うためだけのビルド。それ以外の部分は気分で変わったりもする。

 【ツリー2:PvE Solo用】Riftblade/Reaver/Warlord。昔Riftbladeを試したときの名残り。豊富な遠距離攻撃とReaverの回復とが、だらだらソロには楽チン便利なので、惰性で使いつづけている。

 【ツリー3:PvE Group DPS用】Paragon/Champion/Riftblade。Paragonの単体攻撃とChampionの複数攻撃を組み合わせて対応力をあげたDPS仕様。Riftbladeはおまけ。

 【ツリー4:PvE Group メインタンク用】Paladin/Void Knight/Warlord。ディフェンシブ系3種で、防御パッシブ、AE Taunt3発、Taunt 3発、Threat生成、等々を狙っている鉄板構成。

 ・・・と、まぁ、現状はこんな感じだ。本当は全部Paragonプライマリにしたいんだけど、現実は非情だった。

 不本意なのは当然ツリー4。しかしこれはもう、こういう選択肢しかないね。装備が貧弱ならなおさら。メインタンクという責任ある仕事をするなら、Paladin/Reaver/Void Knight/Warlordのなかから3つを選ぶのが、安直だけどやっぱり効果が高いと認めざるを得ない。ふざけた構成で仲間に迷惑をかけるのは低レベルのうちか、装備が整いまくってからにしよう。

 ツリー2は改善の余地は大いにあるんだけど、ただ単に惰性で使い続けていてサボっている部分。そのうちParagon/Reaver/Championあたりにしてやろうと思ってる。昨晩当たったPatch 1.1で、特にRiftbladeが大きく変わってしまって、かなり使いにくくなりそうだから、ここは近日中に取り掛かる予定。

 ツリー3は、ツリー1でGroup DPSをしたときに、「複数相手のときのDPS」が悲しくて作った単複両対応DPSビルド。予想以上に出来が良くて・・・というかChampion部分がDPS的にもCCの豊富さでも優れていて、PvEはおろかPvPでも結構戦える。正直やや複雑な気分のビルド。Group DPSとしては「近寄らないほうが楽」なボスに対する遠距離戦能力の低さがネック。

 ツリー1は魂。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。