英国’14: 26.Horse and Groom

 今回の旅行で唯一、店員の態度という点で悪印象だった店。

 ここはウィンザー城の正面にあるバプだ。内装はボロく、店員の雰囲気も怪しげだったんだけども、都会の観光地の店なんてそんなものかと、多少の居心地の悪さは覚悟の上で利用した。客の入りはそこそこよかったから、「そうハズレの店でもなかろう」という判断があったことも否めない。今にして思えば、その判断は大間違いだったわけだけども、そんなことはこの時点では知るよしもなかった。

 一応、料理自体は悪くなかった。別によくもなかったけど、標準的なパブフードだった。

 しかしこの店の問題は接客態度だった。

 なにかを頼むと非常にめんどくさそうに対応する。それだけならまだしも、しばしば意図的に気がつかない振りをして、無視しさえする。もちろん、こちらにも英語をろくに話せないという弱みはあるけども、だからといって無礼が許されるはずもない。

 さらに驚いたのは、別のグループの中国人(たぶん)の家族も、同じようにぞんざいに扱われ、しばしばバーテンに無視されて、憤慨していたということだ。なぜ驚いたかというと、そのグループの代表と思しき男は、私とは違って、実に流暢な英語を話していたからだ。香港かどこかの、英語ネイティブな地域の人なのかもしれない。しかし、それであっても、やはり低く扱われていた。そして、欧米人がなにかをいうと、すぐににこやかに最上級の対応をする。明らかに人種ごとにとる態度が違っていたのだ。

 食事を終え、支払いをしようとその意思を伝えても、一向に来ない。そして、別の欧米人グループが同じように席を立つと、すぐさまやってきて手続きを行う。もう、こっそりという感じではなく、こちらがそれと気が付くように、人種差別的な行動をとっていた。最低だ。

 観光も最終日だというのに、この一件のせいで、この国全体の印象が悪くなってしまった。がっかりだ。

おなじみギネス

フィッシュ&チップス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。