VR: Oculus Rift Sを買った

 Oculus Rift Sを買った。

 なぜ買ったのか。それは売っていたからだ。

 うーん、正直いまだになんで買ってしまったのかと自問しているくらい、衝動買いというか、そういう熱意のない買い物だったんだよなぁ。たぶん脳裏にはおぼろげに、「VRでForzaができたらドライブが楽しそう」とかいうアイデアが浮かんでいたのだと思うんだけど、ForzaはそもそもVR対応していないという驚きの事実。いやー、本当になんで買ったのやら。

 ともあれ買ってしまったからには、少しは使わなければもったいないので、ちょいちょいとは触っていくつもりだ。

 購入して数日後にちょっと使った限りでは、さすがに技術的にはすごかった。思ったよりも解像度が荒くて、ピクセルの粒子がはっきりと見える、ということには残念な気持ちもあったけど、それでも自分の頭の動きに合わせて視界が動き、コントローラーを持つ手の動きに合わせて手が動くというのは、ディスプレイで遊ぶゲームにはない、深い没入感があった。昔Kinectで感動したけど、それを上回るものがあるなこれは。

 となると唯一にして最大の問題はやっぱり、「VRでなにかしたかったというわけではない」ということだな。それを考えないといけない。

 さて、これからこれで何をしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。