日記: 5月21日(2021年)

 骨折7週間めの通院。

 経過は順調。骨も徐々につながってきており、このまま安静にしていれば直るコースをたどっている模様。

 今回の大きな進歩として、ついに松葉杖が不要と判断された、ということがある。2足歩行が許可され、この2か月余り、相棒として常に私の傍らにあった松葉杖とも、ついにお別れと相成った。

 今日の朝まですがっていた杖が、突然消滅したことには、少々以上の不安感がないでもない。正直、松葉杖がなくなる前に、一端「片松葉杖」というステップを踏むかな、とも思っていたんだけど、一気に「ゼロ松葉杖」に以降したので、そのギャップは大きい。けど、やはり2足歩行の自由度は高くていいな。今まで不通だったことのありがたみを、ひしひしと感じているよ。

 とはいえ、2足歩行してもいいと言われても、すぐに満足にできるかというと、そういうものでもなかった。左足にはまだ違和感があって、張りもあれば、関節の硬い部分もある。スタスタ歩くことはまだまだ難しいので、最初は足を引きずるような歩き方をしていって、そこから徐々に正常な歩行を行えるように、進歩していくしかないようだ。

 最後に医者の先生に、どういうことはしてはいけないかを聞いたところ「ん-・・・岩場を歩くとか?」という謎の返答をもらった。つまり結構なんでもできるということか。ふむふむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。