日記: 6月28日(2021年)

 先日、ここ半年くらいでみたAmazonプライムビデオの感想回を書いたんだけども、その続きというか、その後数日で観たものを追記したい。

 【ボッシュ(シーズン7)】

 私のAmazonプライムビデオ随一のお気に入りオリジナルドラマシリーズであるボッシュシリーズが、先日公開されたシーズン7でついに終わってしまった。

 シーズン7も相変わらずのハードボイルドな雰囲気だったし、ストーリーもシリーズの締めにふさわしいものだったので、私は満足。

 ただシーズン7は、これまでのシーズンより2話短い全8話構成で、てっきり10話まであるのかと思って観ていたので、ちょっと「あ、あれ、これで終わり?」となってしまった部分だけ不満かな。もう少し長く観ていたかったんじゃ・・・。

 ストーリーは、たぶんこう締めるんだろうな、と事前に予想していた最終シーズンの終わりかた通りのものだったので、終わったこと自体は悲しいものの、予想通りである意味嬉しかった。この辺は、ボッシュ原作のWikipediaを以前観たためなので、予想力というよりカンニングなんですけども。はい。

 それぞれの登場人物について、ある程度の決着をつけ、今後も示唆されており、消化不良感がないのが、スマートで特によかった。

 【アップロード】

 ボッシュロスに陥った私がなにげなく視聴した、Amazonプライムビデオの別のオリジナルドラマ。

 いやー。一瞬でハマった。これは面白い。

 2日間でシーズン1の全10話。あっという間に観つくしてしまった。

 ボッシュが古き良きハードボイルド刑事ドラマという位置づけとするならば、このアップロードは、今の時代のコメディドラマという感じで、180度方向性が違う。ドラマ作りをする世代が違う。価値観が違う。感性が違う。そんな時代の変遷すら感じさせるドラマだった。

 我々インターネットネイティブ世代には、かなり刺さる感覚のドラマで、新しいながらもどこか「私のフィールド」感があるというか、しっくりくる刺激が心地よかった。

 難点を言うならシーズン1単体では、全くストーリーがまとまっていないということだろうか。せっかくの傑作なのに、シーズンを観終えての第一の感想が「まだ途中じゃん、続きはよ」となってしまう。シーズンものだから、次のシーズンへの引きがある程度あるのはいいけど、なんらかの一段落くらいは欲しかった。それすらほとんどなく、完全に「途中」でシーズンが切れたのは残念だ。

 とはいえ、本当に続きが気になる。テックサポート! 続きだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。