CF: はじめてのPvP


 はい、タイトル通りの動画です。

 なぜか妙にサムネイルの解像度が低い。不思議だ。まあいいとしよう。

 ベース世界のPvPエリアの敵のリスポーン地点そばにある狩場まで足を延ばし、地元だからと油断しているであろう修行者に襲い掛かってきた、というだけの、短い動画。ネタバレすると初戦を勝利で終えているので、戦果としても良きものだったといえるだろう。

 しかし、なんかどのゲームでも、同じような行動として、こういうことをやってる気がするな。

 育てる。オープン早々にソロやデュオ規模で、敵の修行地へ行く。小規模戦で修業中の相手の暗殺を試みる。これ。DAoCでもWARでもESOでもやった記憶がある。不意打ち稼業に手が染まっているのかもしれない。

 そして案外振り返ってみると、この似たような体験が、多くのゲームにおけるPvP体験のクライマックスだったりもするんだよなぁ。あとになって数を重ねる大規模戦闘より、こういう初めてのドキドキ単独行のほうが、多くの場合で印象深くなる。

 今回もその例に漏れず、実に印象深く記憶に残りそうな体験となった。

 最初の1回はやはり特別だ。きっとそのうち対人戦や首級の1つや2つは、なんてことないものになってしまうんだろうけど、この感動は色あせないことだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。