NW: Outpost Rush

 Outpost Rush

 ・・・というルールセットのPvPをしてみた。

 Outpost Rushは専用のインスタンスゾーンで行われる20人対20人のチーム戦だ・・・ったと思う。私もよくわからぬまま連れられて行ったようなところがあるので、以下言及するすべてについて認識違いがあるかもしれない。ということは最初に言っておく。

 Outpost Rushのマップには3つの防衛拠点があり、それの占領合戦を行い、ポイントを積み重ねていくというのが、主な目的になる。いわゆるドミネーションルールだ。

 過去のMMORPGでも、インスタンスゾーンで行われるPvPは、だいたいドミネーションルールだった。New Worldもその例に漏れず、というところのようだ。

 遊んでみた感想は、うーん、まぁまぁかな。

 この手のPvPが持つ普通の楽しさまでは、しっかりとある感じ。育てた自キャラでわーわーと戦うのは、それだけで一定の楽しさがある。

 でも逆に言うと、過去作と比べて、この作品ならではの光るところがあるかというと、別にそういうことはなさそう。至って普通。というか、ちょっと劣る部類。だと思う。

 理由はいろいろあるけど、その最たるところは、マップの完成度が低い点だ。

 オブジェクトの設定と、マップの広さ、それに決着までのスコア設定などがかみ合っておらず、ちぐはぐなマップデザインに見えた。

 時間かけて拠点をビルドアップさせながら、少しずつ有利を積んでいくような、長い試合をさせたいのか、ひたすらゾンビアタックを繰り返して、戦闘回数をどんどん重ねて決着するような、短い試合をさせたいのかが、どうにも中途半端。

 前者にしては決着が速すぎてオブジェクトの存在する意味が薄い感じがするし、後者にしては逆にオブジェクトがあること自体に疑問がある。とりあえず全部乗せしたら、帯に短し襷に長しになってしまった、というようなどっちつかず感。惜しいというか、空回りというか。手を抜いている、というわけではなさそうなだけに残念。

 とにかく、つまらないものではないけど、Outpost RushのためにNew Worldを遊ぶ、というだけの魅力や需要があるかというと、そこまでのもんではなかろうと思われた。

 あとついでに私のキャラのPvP性能の話もしたい。

 あのね。そのですね。先日リロールしたマイキャラなんですけどね。

 よえええええええ!

 ってことなんですよ。

 Outpost Rushをやってみた時点で、薄々わかってはいたんだけどね。そのあとで身内でデュエル大会をしてみた結果、私がダントツで弱いことが、くっきりはっきりと判明してしまった。トホホホホ。

 今の自分のキャラはかっけーから気に入ってるんだけど、でも、弱かったなー。

 もともとタイマンが強いキャラづくりではないから、ソロPvPが弱いというだけで、使えないシチュエーションがどこにもないというわけではないんだけど、それにしてもタイマンが思った以上に弱かった。もうちょっとやれるだろうと思っていたのに。クセモノ感出せる予定だったのに。

 これは想定していた未来像がかなり歪んできたぞ。夢がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。