TD2: シーズン9、完!

 シーズン9のシーズンレベルが100になった。

 シーズンレベルというのは、より一般的な用語で言えば要するにバトルパスのレベルだ。

 Division 2のいいところ(?)のひとつは、このシーズンレベルが割とさっくり上がることのような気がする。シーズン内にあるイベントで得られる経験値が大きいのか、グローバルイベント(GE)やら賞金首やらをこなしていると、それだけでかなりの速度でレベルアップしていく。VALORANTやモンハンと並行プレイであってもなお、さくっとキャップに到達してしまったからね。ヌルゲーマーにはいい塩梅だ。

 さて、このシーズン9を構成するTU15パッチの感想は以前に述べたんだけども、それに加えてシーズン9で進展のあった、ストーリー部分についても、少し触れたい。

 なお、ネタバレ上等なので、ネタバレを避けたい人は引き返してもらいたいけども、そもそもDivision 2をプレイしている読者は、ここにはほとんどいないので問題はないだろう。というか、記事自体スルーされている気もするが。

 で、ストーリーなんだけど、またどんでん返しっぽい雰囲気が出てきていて、予断を許さなくなってきた。

 これまで意味不明な闇落ちをしたと思われていたフェイ・ラウなんだけども、実はその裏切り行為自体がフェイクだったというか、「敵を騙すにはまず味方から」的な正義の意図を持ったものだった、というような匂わせがあったのだ。

 まだ詳細は不明なんだけども、ボクらのフェイ・ラウはやっぱり正義のヒロインだったんだ! ってことで、ちょっとだけテンションが上がったよ。

 しかし、どうもストーリーの全容を把握しきれないな。フェイ・ラウ、シェーファー、キーナー、その他これまでのマンハントの面々・・・といった連中の相関関係を、まとめて図示でもしてもらわないと、もはやなにがなんだか意味ワカメだ。

 そういうまとめサイト、募集。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。