日記: 5月11日 (2004年)

 多くのMMORPGファンにとって寝耳に水のニュースが飛び込んできた。今回の更新は、このあちこちで取り上げられてる話題に軽く触れて、お茶を濁そう。

 以下、Game Watchの記事を引用する。

株式会社スクウェア・エニックスは、5月10日、ロサンゼルスにて開催されたプレスカンファレンスにおいて、Sony Online Entertainmentが現在開発しているMMORPG「Ever Quest II」の国内取り扱いを正式発表した。北米タイトルのライセンスは今回が初めての試みとなる。リリース時期や販売形態、料金等については未定となっている。

(引用元URL:http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040511/eq2.htm

 えらいことになってる。でも、FF11を今の規模まで拡張して運営してきた、スクエニの手腕やノウハウ、それに日本語化のめどが確実に立ったことを考えれば、一ユーザーとしては歓迎すべきニュースだな、って思う。

 しかしこれで、英語版でEQ2をやる日本人は確実に激減しただろうなー。かくいう私も、日本語化を待てばいいか、という気分になってるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。