日記: 8月30日 (2004年)

 さぼりにさぼったり。今月はろくに更新することもなく、来月を迎えようとしている。

 つまりは、それだけ今月はイベントが何もなかったという訳で、サッカー五輪代表はぱっとしないし、そもそもオリンピックは放映時間が視聴不可能すぎて盛り上がれないし、DAoC日本語版は音沙汰ないし、事故以来まだ愛車が入院中でバイクに乗ることもできないし、ほんともー、平坦きわまりない一ヶ月だった訳だ。

 んで、ですよ(突然ですます調)。

 今日近所のスーパーにはいると、ガンダムのボトルキャップつきペプシが売ってたわけですよ。ワタクシ、自慢じゃないがこーゆー食玩系のものには、まったくもって興味がないんだけど、レモン風味ペプシが飲みたくなってしまったため、オマケにつられたんじゃないぞ、という顔をしながらこれを購入し、家路についた。

 さて、興味がないとはいうものの、手に入れてしまうと、中身がなんなのか気になるのが人情。しかもガンダムは嫌いではない。というか大好きだ。ああ、好きだとも。がはははは!

 ってなわけで、購入時のローテンションとはうってかわって、中にナニガンダムが入っているか、わくわくしながら封を切る。そこで出てきたのは・・・。

 ヒイロの生首。

 ・・・。

 中に入っていたのは、ガンダムWの主人公、ヒイロ・ユイの胸像と、このガンダムボトルキャップシリーズの全ラインナップが記された紙片だった。紙片を見てみると、10種類前後のガンダム全身像、数種類のガンダム胸像、そしてアムロ、カミーユ、ヒイロの三種類の主人公胸像、というのが主なラインナップのようだ。

 そんなラインナップをながめるにつけ、ある存念をおぼえずにはいられない。

 正直に言おう。

 一番いらないのが当たった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。