日記: 3月3日 (2006年)

 帰宅し、PCの電源を入れたんだけど、なぜか全く起動しなかった。なんたらかんたらというファイルがないため、Windowsを起動できませんというのだ。

 仕方がないので、XPのCD-ROMをいれ、修復を試みる。

 修復ツールを走らせると、恐ろしい勢いでエラー&リペアが始まった。青画面でツールが走り続けること1時間弱。ようやく修復が終了し、Windowsが無事に起動した。

 …のだけど、なにかおかしい。

 メーラをはじめ、いくつかのファイルが開かず、DDOのスクリーンショットも数点破損していた。何か致命的なことが起こったようだ。そして、どうしたもんかと思いつつも、DDOを開始して数分後、それは起こった。

 DDO中に、突然、デスクトップに戻され、勝手に開いたブラウザに、謎の広告ページが表示されたのだ!

 うへー! スパイか! ウィルスか!

 昨日電源を落とすまでなんともなかったというのに、突然どうしたことか、なんと50を越えるウィルスとスパイウェアに侵されていたのだ。ノートン(体験版)や、Ad-Ware等を使っても、どうしても改善しない。

 結局、深夜2時まで格闘した挙句、HDDフォーマット&OS再インストールの最悪コースを取るに至ったのでした。

 おかげで今日は頭が痛い…。

日記: 3月3日 (2006年)」への2件のフィードバック

  1. swth

    ウィルスチェックソフトはNOD32を使ってますよ。
    一番軽くて毎日更新して検出率も良いらしい。ってことでVectorで買っちゃった。

    返信
  2. Nez/蝿

    ほー。

    私は今までウィルスチェックソフトの類をいれたことがないんだよなー。
    ちょっとでも動作にウェイトがかかるのがイヤだ。

    要するに、あんま怪しいことをしないほうなので感染しないだろ的楽観人生。
    とかいいつつ、クリティカルヒットされてるわけですけど、
    これまた、たいして重要・必要なデータを蓄えてるわけでもないし、
    いざとなったらフォーマットでいいべ的あきらめ人生。

    返信

Nez/蝿 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。