日記: 8月13日 (2006年)

 今まで使っていたヘルメットが、例の事故で使えなくなってしまったので、新しいヘルメットを買ってきたよ。

 しかし、このタイミングで買うかどうかは、正直迷った。

 今までのヘルメットには、もはやシールドがなく、大きな傷がついてもいる。しかし、当面ヘルメットを使えるのは教習所でだけだから、キズモノメットでもなんとかなるかな、なんて思ったりしたのだ。

 でも、傷を見て不信がる指導員に、事故ったことを話せば、嫌味の1つも言われるだろうし、遅かれ早かれいつかは買うものだから、だったら早めでもいいだろう、と思って結局買うことにした。

 なお余談ながら、以前のエントリーで載せたヘルメットの写真に「白いのは車の塗料」とかいうキャプションをつけたんだけど、あれは大ウソでした。あの白いのの正体は、正真正銘、ヘルメットが削れてむき出しになった帽体内部の白い素材だったのだ。頭を地面にぶつけた記憶がなかったから、「白い車にヘルメットを擦ったときについたんだろうな」、と推測で解釈していたんだけど、実際はどうやら、あの白い傷の部分をダイレクトに路面で擦っていたようだ。白と白ってことで、車の塗料だと思い込んでたんだよね。実際は顔面を地面でゴリゴリ紙やすり。うへ、こえええ。フルフェイス万歳。

 ってことで、バイク用品店まで車で向かった。バイク用品店の駐車場には、お盆休みを謳歌するバイクの車列がずらり。くそう、うらやまし・・・いやいや、でもこの炎天下じゃクソ熱そうだな。冷房の効いた車も悪くないぜ! げーししし。

 とか自分を欺きつつ入店。買うヘルメットは、ほぼ決まっていたので、色とサイズだけ適当に考えて、さっさと購入してしまった。買ったのは、SHOEI Z-5。実売価格、約31,000円也。ヘルメット2大メーカーの片割れ、SHOEIの中堅モデルで、今まで使っていたSHOEI Z-4の後継モデルだ。Z-4とZ-5は非常によく似た外見をしていて、正直あまり違いがわからない。色も同じにしたので、今まで使っていたものと瓜二つだ。これ、性能は上がってるのかね。上がっていないで、ただのモデルチェンジだと悲しいんだけども。

 ともあれ、とりあえずバイクやウェアに先駆けて、ヘルメットが蘇った。こうやって、ちょっとずつ揃えていって、テンションをあげていこう。

日記: 8月13日 (2006年)」への2件のフィードバック

  1. swth

    システムヘルメットの方が格好良さそう。SHOEIで言うところのしんくろてっく。
    眼鏡かけながらでもヘルメット被れるってのは強いと思います。

    返信
  2. Nez/蝿

    シンクロテックは重かった。
    長時間前傾で乗ってると首がいたそう。

    ということで却下しました。

    街乗り主体で、ヘルメットの脱着が頻繁ならよさそうなんだけどね。
    Zシリーズは軽いのが強みなのだ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。