日記: 4月8日(2018年)

 FarCry 5おまけ。

 FarCry 5に同梱されている、ファークライアーケードというマップエディタ/公開システムを少し触った。

 なかなかよくできているね、これは。

 要素が多すぎて、本格的にマップを作成するとなるとめちゃくちゃ時間がかかりそうだけど、そういうのが好きな人にはいいんじゃないかな。永遠に時間をつぶせる系だと思う。

 ただ、いまいちプレイする側へのインセンティブがないのが惜しい。

 マップを作る人は「作りたいから」っていう純粋な気持ちでいいと思うんだよね。マインクラフトなんかと同じで。創造力を発揮したい人というのは一定数いるはずだ。そういう部分へのアピールは十分だと思う。

 だけどそのできたマップを、いかにプレイヤーに遊ばせるか、っていう部分がよくわからない。プレイするとレベルのようなものが上がるようだけど、上がると何があるのかもわからない。率直に言って、だれも遊ばないだろ、これ、って感じがする。

 ともあれ、まぁ、そういうものがありますよ、ということで紹介した次第だ。

 ちなみに写真は私が作った「Take Down Training」というマップ。

 森の中にうずくまってる男が5人いるだけ、という作成時間10分のもの。忍び寄って暗殺したら終わる。見つかったら負け。それだけのものだ。サイドアームテイクダウンをすれば一瞬で終わる。ほかの方法じゃたぶん負ける。

 私自身、サイドアームテイクダウンの操作方法がよくわからなかったので、その練習のために作った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。