日記: 6月17日(2018年)

 復活したバイクで、プチツーリングに行ってきた。

 ほんの50kmほどの試走。都内郊外の山道をぐるっと走った。

 走行前の心配事は2つ。1つはバイクの機能。久しぶりに動くバイクが、不調をきたさないかということ。もう1つは私。久しぶりの運転をこなせるかということ。この2つを確認しながら、慎重に走ってきた。

 結論からすると、どちらも特に問題はなかった。

 バイクは今まで眠っていたのがウソのように快調に動いた。異音やガタも感じられず、まぁ車検は通るかな、という楽観ができた。

 私の運転技術のほうも、いきなり普通に運転できた。時間が空いても技術は体に染みついているんだな、と逆に驚くほど。もちろん往時よりは、かなりぎこちない運転ではあったけど、ゆっくり安全運転をするのに十分な程度には、技術が維持されていた。

 しかし、別の、思ってもみなかった問題が帰宅後に発覚した。

 帰宅後、ヘルメットを清掃しようとしたら、ヘルメットを置いた机の上に大量の黒い粉が散乱したのだ。まさか、と思って自分の髪の毛をわしゃわしゃすると、私の頭からも黒い粉末が降ってきた。

 恐る恐るヘルメットの中を覗いてみると・・・これはまずい!

 ヘルメット内部の緩衝材のスポンジが、ボロボロの粉末状と化していたのだ。かろうじてまだヘルメット内に張り付いて残っていたスポンジも、もはや衝撃吸収力はなく、触れば触っただけ粉になる物体でしかなかった。このヘルメットは寿命をとうに過ぎていたようだ。事故ったら死ぬヤツだこれ。

 そんなわけで、急遽ヘルメットの買い替えを余儀なくされてしまった。

 このボロボロのヘルメットは、SHOEIのZ-5。10年以上前の小型軽量を主眼にした中堅ラインで、当然今は売っていない。でも後継モデルはまだ展開されていて、現行で売られているものはZ-7というモデルになるようだ。

 SHOEIのヘルメットが頭の形に合うし、買うべきサイズもわかっているから、今回もSHOEIでいくのは確定なんだけど、Z-7にするかどうかは少し考えないといけないな。今まで通りの性能でいいならZ-7でいいんだけど、せっかく買い替えるんだから、色気を出して少し違うモデルを試したい気もする。

 で、検討した買い替え候補は2つだ。

 1つは1つ上のモデルのGT-Air。Z-7より200gほど重くなるけど、サンバイザーが増える。たぶんベンチレーションも少し向上するんじゃないかな。値段は数千円上がるだけだ。

 もう1つはシステムヘルメットのNEOTECH II。システムヘルメットっていうだけでメカ好きの心を刺激するものがある。チンガードが上がる機構は魅力的だし、音声デバイスの格納機能なんかも便利そう。ただ重い。Z-7より400gくらい重い。値段も数万円上がる。

 結果、GT-Airにすることにした。Z-7じゃつまらないし、NEOTECH IIは流石に私の走行頻度ではオーバースペック。GT-Airがいちばん「ちょうどいい」と判断した次第だ。なによりもサンバイザーを試してみたかった。

 ってなわけでバイクも直り、ヘルメットも新調した。これでやっと車検にいけるな。車検前準備だけで一騒動だったわ。ふう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。