日記: 6月9日(2018年)

 7月にバイクの車検が切れる。

 そこでほぼ前回の車検ぶり・・・かと思っていたけど、間に一回オイル交換記録があるな・・・でもまぁこの2年ほとんど乗っていないバイクを、見てみることにした。

 バイクの保管状況は、「屋根のないところでバイクカバー」という標準的な状況。大切に保管していたわけではないが、完全に雨ざらしというわけでもない、中くらいの環境だ。

 そんなバイクのカバーを外してみると、おお、まだまだきれいだ。細かい汚れはついていたものの、濡れ雑巾で拭ってやるだけで、購入11年のバイクとは思えない輝きを取り戻した。相変わらずかっこいい。

 んが、しかし。よくよく見るとひどかった。

 1番問題がありそうなのは、チェーンだ。見るも無残な赤茶色に錆びていた。面白いことに、ぐるっと一周するチェーンの下半分だけ、時計で言えば3時から9時までが錆びていて、上半分は錆びていなかった。なぜだろう。水滴がチェーンを伝って落ちる側だけ、水分に振れる時間が長いから・・・かなぁ。

 とにかくチェーンがこの状況なのはまずい。たしか倉庫に20年前くらいに買ったチェーンクリーナーやらチェーンルブがあったはずだ・・・。がさごそと倉庫を漁ると、あったあった。年代物のチェーンメンテグッズを手に入れたぞ。

 チェーンクリーナーを噴射し、真鍮ブラシでチェーン側面をゴシゴシ。こういうときFZ6はセンタースタンドがあるから作業が楽だ。手でタイヤを回しながら、ひたすらチェーンを掃除した。ある程度錆が落ちたところで、ざっと汚れとクリーナーを水で流して、最後にチェーンルブをどっさり塗布してチェーンメンテは終了だ。

 完ぺきとは言えないけど、車検に出す程度ならなんとかなる程度にはなったかな。なんとなくチェーン交換したほうが早いんじゃないか説もあるけど、ここは省コストでいこう。

 でもまだ試練は残っていた。

 当然長く乗っていないからバッテリーは切れている。それは予想通りだったから、朝からこの作業中もずっと、バッテリーには充電器を仕込んでいたんだけど、半日以上充電したのにセルが回らない。カカカカカカ、と変な音だけがする。

 さらに半日充電し続けたところ、少しだけ改善して、グゥォカランカランカラン、と一瞬だけセルが回って、そこで力尽きる、というような症状になった。これはもうバッテリーの寿命だな。

 そんなわけでバッテリーを購入することにした。で、この週末の作業は時間切れでここまで。来週末以降にバッテリーを交換することにしよう。それで動けばヨシ。動かなかったら・・・どうしたもんかなぁ。

 車検が切れる前に動くようにしないと、自走で車検に出しに行けない。でも週末にしか作業できないうえに、雨だと作業ができないから、案外もう日程に余裕がないんだよな。

 うまくいきますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。