GRW: レインボー部隊がやってきた

 1年ぶりのGRW更新。

 レインボーシックスシージ熱が沈静化したんだけど、まだ余熱はあったので、その排熱のために、同じトムクランシーもののGRWを久しぶりに起動して、遊んでみた。

 長らくGRWで遊んでいなかった間に追加された、いくつかのミッションを遊んでみる、というのがその目的だ。追加されたミッションは、認知している限りで、以下の3つだ。

  • スプリンターセルのミッション
  • プレデターのミッション
  • レインボーシックスのミッション

 どれもなんらかのコラボミッションのようで、少し世界観の違う展開が多い。この中でまずプレイしてみたのは、もちろんレインボーシックスのミッションだ。

 で、まぁ、小一時間のプレイの末、無事終えたわけなんだけど・・・。

 ネタバレ上等で言うと、いまひとつだった。というか、題材がもったいない感じがした。

 一応シナリオを進めるためのメッセンジャーとして、レインボーシックスシージの登場オペレーターである、トゥウィッチ、バルキリー、カベイラがでてくるんだけど、本当にメッセンジャーとしての登場だけで、何も活躍しない。シナリオ自体は、結局ゴーストによる隠密殲滅ミッションでしかなくて、シージっぽさがあまりない。レインボー部隊の面々の凄さがわからない。
 
 もうちょっと、こう、やりようがあるだろ、って思ってしまったよ。

 例えばさー。敵拠点に行くじゃない。近づくじゃない。そこでバルキリーが「私のカメラで状況を探る」とか言ってスポットしてくれるとかあるだろ!

 例えばさー。敵拠点で行き止まりがあるとするじゃない。そこでトゥウィッチが「私のドローンで電子錠を破壊する」とか言って開けてくれるとかあるだろ!

 例えばさー。敵拠点に敵がいっぱいいるじゃない。そこでカベイラが「あっしが殺ってきますわ(額をペシ)」とか言って颯爽と返り討ちにあって討ち死にするとかあるだろ!

 NPCが活躍しすぎるのはもちろん興ざめだけど、レインボー部隊の良さ(ガチンコCQC)と、ゴーストの良さ(隠密作戦)をうまく融合して解決する展開にしてほしかったわ。

 ともあれ、まぁ、ミッションを終えたよ。シージをプレイしたことのない状態でプレイするよりは、登場人物の特徴を知っているぶん、より楽しめたんじゃないかな。基本的にはただの殲滅ミッションなので、手段を選ばなければ、難易度は高くはなかったと思う。

 この日はついでにプレデターのミッションも終えて、残るはスプリンターセルだ、というところで時間切れ。

 久々のGRWは、描画が重いし、動きももっさりしていたけど、やっぱり楽しかった。よきかなよきかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。