日記: 7月11日(2021年)

 早朝相模湖プチツーリング。

 前日に無意味に脱着したリアホイールの様子を確認し、作業に問題がなかったと判断するために、涼しい朝のうちに軽く走行してきた。

 目的地はいつもの相模湖。ひねりも減ったくれもないけど、我が家からは距離感がちょうどいいのだから仕方がない。

 R20を西進し、八王子、高尾を過ぎ、大垂水峠を越えて神奈川県に突入。ついた先が相模湖だ。うん、ちょうどいい。

 相模湖の駐車場はまだ早朝過ぎるせいか、料金所が稼働していない模様。「本日有料」と看板が出ているのだけど、支払うことができない。バイクはたかだか60円なので、支払うにやぶさかでは全くないんだけど、支払う方法がないので無料で駐車させてもらった。悪気はないけど、一応ここで白状しておこう。

 そんな早朝の相模湖は、しかしいつもと少しだけ様子が違った。

 妙に外国人率が高い。しかも全員運動している。カヌードックからカヌーを担ぎ出してカヌーの練習に精を出す人もいれば、湖畔公園内をジョグする人、ただ歩いている人と様々なんだけど、全員が白人でアスリート体形、アスリート風体という、異常事態。そして湖上には、浮かぶ舟艇を監視しているらしい警備隊のごとき船と、そこから響く声。

 ・・・あぁ、わかった。これ、オリンピックの何かだろう。

 そう思ってググってみれば、カナダのカヌーチームが、相模湖をキャンプ地として訪日しているらしい。なるほどね。期せずして、面白いところに遭遇してしまった。

 日が昇って暑くなる前に帰りたかったので、見物もそこそこに帰路についたんだけど、こうして実際に選手を目にしてしまうと、なんだか少し贔屓目になってしまうものだな。もしカヌーの放送を見ることがあれば、カナダチームを応援することにしよう。

 あ、そうそう。バイクの調子はよかったです。問題なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。