日記: 4月25日(2022年)

 セブンイレブンで、「セブンカフェスムージー」なるものを試してみた。

 私は先日初めてその存在を認識したので、目新しく感じたんだけど、商品としては去年の春夏シーズンあたりから売られ始めたものらしく、新商品というわけでは全然ないらしい。

 ただ、この商品は、スムージーを完成させるための設備の導入が店舗側に必要になるため、一部店舗でしか売られておらず、ある程度レアな商品なのだそうだ。この辺の情報は、試してみた後で、ウェブで調べて知った。

 それがどういう商品かというと、プラスチックのカップに、凍ったカットフルーツや野菜、甘味料などが封入されている、というような形状で、アイスクリームコーナーで売られているものになる。

 これをレジで購入した後、カップの蓋を開け、店内のスムージー用のマッシーンにぶち込むことで、カットフルーツその他がミキサーにかけられ、やがてスムージーとして完成されて供される、という仕組みだ。

 実際に購入、作成し、飲んでみたところ、製法が実際のスムージーを作る時に行われることとほぼ同じだけあって、出来上がりの味もまぁ、普通にスムージーだった。少なくとも、スムージーという名のペットボトル飲料などと比べると、ホンモノ感はかなり格上。

 それでいて価格は300円ほどと、そう高くもない。去年は230円くらいで売っていたそうなので、それに比べるとがっつり値上げされてはいるものの、それでも普通のカフェでスムージーを頼むよりは、だいぶお値打ちなはず。そこそこホンモノ感のあるスムージーを、日常の中で手ごろに味わいたい、という向きには十分おすすめできると感じられた。

 ネックはやっぱり普及度だろうか。今回購入した、出先で立ち寄った店舗では偶然売られていたものの、私の自宅から一番近い、最も頻繁に利用している店舗では、スムージーマシーンは導入されておらず、当然スムージーも売られていない。リピートしようにも、なかなかできない、というのが実情だ。たぶん、そうやって手に入らない環境にいる間に、存在も忘れてしまうことだろう。

 というわけで、セブンカフェスムージー。美味しかったのでおすすめしたいけど、みなさんが試せるかどうかは環境次第、なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。