日記: 11月8日 (2004年)

 ここ数日、肩が痛い。

 毎朝起きると、首の付け根の右側から肩にかけての筋肉が固まっていて、そこの筋肉を動かすだけで痛みが走る。そのおかげで、腕を水平以上に上げることさえ困難で、着替えをするのも大仕事という有様だ。

 この痛みや筋肉のこわばりは、一日生活している間にかなりほぐれて、夜寝る頃にはすっかり痛みもなくなるんだけど、次の朝起きると、また痛みとこわばりが再発しているという、やっかいな症状だ。

 はじめこの現象について、いわゆる「肩こり」かな? と思ったんだけど、試しにサロンパスを患部に貼ってみたところ、想像を絶する悪化っぷりを呈してしまった。少なくとも単なる肩こりではないようだ。

 となると、なんだろう。確か、この症状を自覚したのは水曜の朝。朝起きてみると、こんな症状になっていたはずだ。ってなことから察するに、ひょっとすると変な体勢で寝たせいで、この辺の筋肉か筋を痛めたのかも知れない。

 ずいぶん長引く症状だけど、当面はそうであると信じて、とりあえず自然回復を待つべく、放置の姿勢を取る私なのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。