日記: 6月23日 (2007年)

 暑い季節が近づき、ビールがうまい・・・という話を聞くことも多くなってくるわけだけど、私はあまりビールが好きではない。だけど、そんな私の唯一好きなビールが、GUINNESSだ。

 初めて飲んだのは、訪英したときのパブ。特に何の期待もせずに、のどが渇いたけど普通のビールは嫌だ、というだけの理由で飲んでみたら、そのビールとは全く異なる穏やかな味、そして何よりクリーミーな泡の味わいに、深く驚かされたのが懐かしく思い出される。

 すっかりGUINNESSが気に入ってしまった私は、訪英中にのどが渇くたびにパブでGUINNESSを求めた。そして帰国後も、あの感動をご家庭でもう一度、とばかりに近所のスーパーで売っていた、瓶入りのGUINNESSを飲んでみたんだけど・・・なんと、これが全然おいしくない。そのときの経験から、どうやらGUINNESSは、ちゃんとサーバーで注がねば、あのクリーミーな泡ができず、おいしさを大幅に損なうのだと知ったのだった。

 それ以来、家でうまいGUINNESSを飲むのは無理なのだと思っていた。ところが先日、スーパーで売られていた缶入りのGUINNESSを、気まぐれで買って飲んでみたら、またその考えを改めてしまった。「瓶入り」のそれとは違い、「缶入り」のGUINNESSは、かなりうまいのだ。

 缶入りGUINNESSには、フローティング・ウィジェットという特許技術が用いられている。この技術は、缶の中に、プラスチック製の球体が浮かんでいて、缶の開栓による気圧変化を利用して、その球体から大量のきめ細かい気泡を噴出させるというもの。これによって、サーバーで注ぐのと同じような、クリーミーな泡を、缶入りGUINNESSでも味わうことができるのだ。

 そういう仕掛けがあることを全然意識してなくて、どうせクリーミーさはないんだよな、と期待もせずに買ってきただけに、予想以上の「本物らしさ」を提供してくれた缶入りGUINNESSには、すっかりやられてしまった。

 うまいGUINNESSを飲みながら、近所のハム・ソーセージ専門店で買ってきたヴァイスブルストをかじる。うーん、幸せだ。

日記: 6月23日 (2007年)」への6件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    vさん:
    エビス薦める人はハイソな人が多い印象。
    vさんめ!

    teltelさん:
    酒タバコがかっこいいというのは幻想です。
    所詮は合法ドラッグであり、やらないのが最もかっこいい。

    と思うのがよいかと。

    返信
  2. 田舎者

    ギネスはうまいですね
    家でのむことはめったに無いですが
    バーとかに行ったときは良く飲みますw

    返信
  3. Nez/蝿

    田舎者さん:
    バーによくいくなどというオシャレな人種ではないですが、
    ギネスはうまいですよねえ。

    孫さん:
    でも私は14歳女子中学生だからOKぽい

    返信

へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。