EQ2JE: Norrath Walker

 友人Cの「暇つぶしにEQ2」発言に触発されて、ひっさびさにEQ2JEの様子をのぞきにいってみた。

 カテゴリ「EQ2JE」の記事を書くのは、2005年12月以来。実に2年近くの空白期間をおいてはいるんだけど、実はその2年前から今まで、EQ2JEのアカウントは維持し続けてるんだよね。なんでだか自分でもわからんけど。

 なので、Nezzなどという名前もこっそり維持していたし、claimできる特別アイテムに、バースデーケーキだの、何だのといった「アカウント維持記念賞」が半年賞、1年賞、2年賞とたまっていたりもして、時の流れを感じたりもしてしまった。最後の思い出は、「マスク」がもらえるハロウィンが楽しかった気がする・・・。

 さて、今回は見ての通り、新キャラを作って「『今の』EQ2JEの導入」を見てみた。

 ・・・うーん、すごくかわったなぁ。

 私の知っているEQ2の導入は、

 キャラ作る>船に乗る>難破する>基本職を選ぶ>難民島から脱出する>ケイノス/フリーポートに着く>上級職を選ぶ>修行する>最終職を選ぶ

 という流れだったような気がするんだけど、今の導入だと、

 キャラ作る>最終職を選ぶ

 というように、キャラメイクの段階で、最終分岐のクラスにつくことができてしまうのだ。うーん、あの上級職、最終職に就く際のクエスト、結構好きだったのになぁ。これは失敗なんじゃ・・・。

 という感じで少々残念な気分でスタートしたんだけど・・・いやいやいやいや、まてまてまて。これはすごいぞ。導入クエストがなかなか凝ってる。というか、内容は凡庸なんだけど、セリフが面白い。ここまでナチュラルに意訳している海外ゲームは珍しいな、ってほど、自然な訳になっていて、しかもコミカルタッチで楽しい。2年前からこんなに訳がうまかったかなぁ?

 しかし、やっぱり日本語版は楽でいい! WHOに期待している今日この頃だけど、出るか怪しい日本語版に期待せずにはいられなくもなろうというものだ。・・・閑話休題。

 EQ2のよく聞く評判に、「最初ダメだったけど、今はよくなっているから、最初に客を逃したのが惜しい」というものがある。私自身は昔の姿しか知らないし、昔の姿をさほど低く見てもいないんだけど、まぁそんな評価が定説だと思う。その評価の妥当性・・・というか初期段階でのEQ2の出来そのものはともかくとして、1年でこうも変わっているのを目にすると、確かにどんどんどんどんEQ2は(多分改善の方向に)変わっているんだなぁ、というのは十分に体感することができた。

 他にもインターフェイス部分も進化が激しくて、かつてのEQ2やVGで私が渇望したLFG/Mウィンドウも実装されていたり、クエストアイテムには知らずに捨てたりしないように注意書きがしてあったりもして、本当に進歩を実感できる形に変貌していた。

 ちょっと見直したぞ、EQ2!
 これがリリース時点から出来ていれば!

 ・・・ところで肝心の、EQ2をやるといっていた友人は、キャラ名がわからずに遭遇できずじまい。せっかく500ppあげようと思ったのに(嘘)。

EQ2JE: Norrath Walker」への4件のフィードバック

  1. v

    懐かしいですなぁEQ2。JEはやってないけども。
    殆ど身内でSolusekまで行ったんだっけ。忘れた(´・ω・`)
    Lv50キャップでlv45までしかやってないしのう・・

    街中歩いているとNPCが話しかけてくるのは面白いよね~

    返信
  2. Nez/蝿

    vさん:
    もうたぶんVasさんのやっていたときとは全く別物くさいよ!
    エンチャンテドランド(だっけ?)に行くアクセスクエスト
    (カニ祭り→船のやつ)もやらなくてよさげだし。

    Chicoさん:
    500ppむりすぎ!
    だれだ、そんなことを言い出したヤツは!

    でももう少し変化を観光してみたいので、
    顔を見に行こうというハラはある。
    ただこの三連休は旅行に行くのでログインできません!

    そのあとならブリキの剣をあげるから待っているんだ!

    返信

v へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。