日記: 2月12日(2010年)

 Twitterをはじめて2週間が経過した。

 このサイトにも載せているnezflyアカウントと、プライベート用のアカウントを併用しているんだけども、どちらかというとプライベートのほうに親和性の高いツールに、少なくとも今はなっている。

 Twitterの特徴は、おそらくそのライブ感にあると思うんだけども、そういうリアルな「今」を吐露するには、やっぱり自分の立ち位置がリアルの側にいないと難しい。たとえば、「新宿なう」とか言いたくても、nezflyアカウントだと少し違和感があって、プライベートアカウントでつぶやいてしまう。この辺は、私がネットとリアルとの間に、比較的明確な壁を置いているせいもあるんだろうけど、それを取り払うつもりがないうちは、まぁ仕方がないかな。

 プライベート用アカウントでは、職場の人間との距離感が微量に親密になったりする部分もあるし、また、業界の情報や、業界人の心情などがライブ感たっぷりに(真偽のほどは定かではないとはいえ)伝わってくるのが実に新鮮だ。これは面白い。

 一方でnezflyアカウントのほうは、役に立つといえばEQ2のサーバーダウン情報などが、公式のmomochi氏から頻繁に流れてくるのが今のところはもっとも便利な部分だ。あとはリアルで隠しているマニアックな趣味に関するつぶやき、要するにオンラインゲームかんけいのことをつぶやくのに使っているくらいかな。

 ただこの手のものはやっぱり、便利とかキャリアアップとかマーケティングとかじゃなくて、「遊び」で使ってこそ真価がわかるものだと思うんだよね。だから、できれば娯楽性の高い存在であるnezflyアカウントも、もっと有効に使って行きたいんだけど・・・いかんせんつぶやいてくれる知り合いが少なすぎる!

 つーことで、みんなー、つぶやけー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。