RIFT: おいぬさま

 今まで使っていなかったWarriorのDPS Soul、Beastmasterをはじめて使ってみた。

 DPSペットがいるので、知人のmixi日記の表現の「お犬様」からパクって「Oinusama」と名づけたんだけど、よくよく考えるとペットはどう見ても猫科の動物だよな・・・。豹とかの系統に見える。だから本当は「Onekosama」なのだろうけども、1度おいぬさまと呼んでしまうと、その呼び方に愛着が出てしまったので、おいぬさまという名の猫、ということにしておこう。よって今後は「それ猫なんじゃ?」というツッコミは却下する。

 さて、そんなおいぬさまを使ってのDPSビルドは、思った以上に機能した。なにが強いんだかよくわからないけど、かなりDPSがでる。Single/Melee向けと、範囲/Range向けの2種類を作ってみたけど、両方ともで今までよりもDPSが向上した。おいぬさまパワーは絶大だ。ちなみにおいぬさま単体のDPSは70-90といったところだった。

 ただ、おいぬさまはAEに弱い。RIFTのネームド戦は、地面設置型致死級AEを回避する、というようなシチュエーションが多いんだけど、あわれなおいぬさまは、すぐにそれに巻き込まれてご臨終してしまう。多少ペット操作で回避する余地はあるものの、少ないHPも相まって、それにも限界がある感じだ。これはEQ2でもあったペット職の悲哀だけど、RIFTのBeastmasterの場合Rangedなペットがいないので、より一層回避しがたいという傾向があるようだ。

 そのため、おいぬさまビルドは雑魚戦では快調なんだけども、ネームド戦では低調になるという微妙なビルドになってしまった。とほほ。

 でも、いつもとは少し違うプレイ感になって、これはこれで楽しかったよ。もう少し飽きるまでは、というかパッチが当たるまでは、インスタンスでDPSをする機会があれば、おいぬさまビルドで遊んでいこうかな。

RIFT: おいぬさま」への2件のフィードバック

  1. Hige

    はじめまして。いつもNorrath以来読ませて頂いて・・・頂いているのですが、今回は我慢しきれずにけもりんBuildについて一言。

    >おいぬさまはAEに弱い。RIFTのネームド戦は、地面設置型致死級AEを回避する、というようなシチュエーションが多い
    これをPetが回避する事ができることを御存知でしょうか? GreaterなおいぬさまはAEダメージに対する耐性があり、Beastmasterを51まで振ることで95%AEダメージをカットします。
    Beastmaster51とか頭おかしいんじゃないか、と思われるかもしれませんが、51まで振ることで得られるFight as OneはWarriorのBuffでも一級のBurstを叩き出せるスキルですし、”純単体”DPSでBoss Practice Dummy相手にDPS500以上安定して出るので安心です。お試しあれ。

    返信
  2. Nez/蝿

    いつも(?)お読みいただきありがとうございます。
    元気で真っ直ぐなプレイ日記サイトだったはずが、
    10余年の月日を経て、偏屈な老兵の愚痴サイトに
    なっている気がしてしょうがないですが、
    飽きるまではよろしくお願いします。

    さて、

    > Beastmaster51
    > Beastmaster51
    > Beastmaster51

    はい、頭おかしいですね。・・・ごめんなさい嘘です。
    なるほど、こんなマニアックな獣道の奥深くに
    秘密の鍵があったんですね。情報ありがとうございます。

    でも、もう少し、条件がゆるくても罰は当たらないと思う!
    PvPの兼ね合いもあろうけども、獣道深すぎ!

    返信

Hige へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。