TSW: ファーストインプレッション

 ってことで、週末ベータで遊んでみた。

 以下、感想だらだら。

 ・雰囲気はすごくいい
 ・東京の地下鉄、ロンドンの街並み、ともにハイレベル
 ・っていうかまさかの東京登場は熱い
 ・ロンドンが「拠点となる街」になってない
 ・いわゆる「施設」が見当たらないのは未実装?
 ・クエストは標準的なおつかいタイプ
 ・重要クエストのみにムービーシーンが挟まる
 ・ムービーの台詞がログに残らないので要英語力
 ・スキルシステムはなかなか面白いと思う
 ・デッキ構築=事前準備が複雑
 ・デッキに入れたスキルの使いこなしはシンプル
 ・レベルはないけど、「レベルという概念」がないだけ
 ・経験値稼ぎは普通にある(クエストで稼ぐのが基本)
 ・経験値を稼いで、スキルを買う、というシステム
 ・ステータスは装備で伸ばすようだ
 ・各種コマンドが結構死んでる(エモート類)
 ・インターフェースはそこそこかな
 ・戦闘は正面判定が結構シビア
 ・ターゲットした敵がややわかりにくい
 ・敵と自分の力量の差の見方がわからない(名前左のマーク?)
 ・戦闘モーションの格好良さは普通
 ・魔法系の構えのまま走る姿はややまぬけ
 ・コミュニケーション機能が薄い
 ・フレンド、検索、ギルドウィンドウなどが見当たらず
 ・生産は分解しかまだやってない
 ・Warzoneはあったけど稼動してなかった
 ・NPCに当たり判定があるが、PCにはない
 ・PvPでPCに当たり判定があると面白そうだが
 ・グループコンテンツ未体験
 ・ダンジョン未体験
 ・レイドコンテンツ未体験
 ・名前は3文字以上の「姓」「あだ名」「名」
 ・通常表示されるのは「あだ名」
 ・事前の名前予約は4文字以上だったのだが何故

 って感じかなぁ。

 楽しいかどうかは、今のところ微妙なラインに思える。

 「おつかいクエストをこなす」という部分の出来は悪くない。でもいまやこの要素は、どんなに優れたMMORPGでもそれだけでそのゲームを名作たらしめる部分ではないし(むしろ必要悪になりつつある)、他のゲームとはなかなか差別化できない部分だ。このゲームの場合、その差別化を「成長要素」で行おうとしているけど、成長という手段の楽しさは、目的の楽しさとセットで初めて機能するものなので、単体では意味がない。

 確かに、「手札(スキル)を集める」という要素の強い成長要素自体は面白い。だけどこの要素が本当にゲームのウリとして確立されるためには、「手札を使う楽しい場面」が同時に存在していないといけない。使い道のない手札には価値がないからだ。「楽しい場面」を有利にできるから、「集めて楽しい」のだ。

 そういう点で、PvPやエンドコンテンツの可能性が見えていない現状は、評価しにくい。当たり前だけど、そんな感想かな。

 はっきりいって今は「手札集めがつまらない」。使い道がわからないからだ。だからプレイをしている人は、「手札を集めた先に面白いものがある」と期待することで、「手札集めも面白くなる」と期待している。っていうのが大方の本音ではないかと思う。
 
 
 ※ちなみに写真はゲーム冒頭にだけ登場する東京地下鉄ステージ。表示類とか、キオスクとか、かなり良くできている。「赤い糸線」「怪談駅」などの固有名詞が意味わからんとか、地下鉄(東京メトロ)だけど表示がJRっぽい、とかは目をつぶってあげよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。