TSW: ダンジョン初体験

 初インスタンスダンジョン参加を果たした。

 参加したのは通称Polarisと呼ばれる、おそらく最も難易度の低いダンジョン。全身の装備がQL3を越えた辺りが適正レベルとなるらしい。

 ちなみにレベルのないTSWでは、「装備のランク」をもって個人の力量の目安とする。前進QL3のタンク装備と、QL4のDPS装備を持っているなら、「r3 Tank or r4 DPS LFG」などというと募集主に親切だし、誘われやすい。

 で、私もそのしきたりに則って、「r3 DPS LF Polaris」とLFGを出して参加した。さくさくと5人集まって、いざ進軍開始だ。

 ・・・。

 ・・・あれ、進まない。どうした?

 ・・・これ誰がTankだ? 誰がリードするんだ?

 ―募集主: 「おい、Ged(私のキャラ名)」

 「ん?」

 ―募集主: 「Tankたのむ」

 「・・・は?・・・えっ?(DPSつっただろうが)」

 と思ったものの、こういう「やりたくないけど仕方なくやらされるTank」というのは、案外おいしいシチュエーションだ。TSWにおけるTankワークを試したかったこともあるし、初物ダンジョンをリードできるのもおいしいし、ってことで、「OK、試してみる」と言ってやってみることにした。

 念のため確保しておいたいくつかのTank装備に着替え、ChaosスキルをTank寄りにデッキを組みなおして、いざ開始だ。先陣を切って突き進み、敵を殴る。

 ・・・うん、割といけるな。

 このダンジョンならHate稼ぎに関しては、Hate生成効果つきのPBAoEを打っているだけで、9割方大丈夫のようだ。強制タゲ変更型のスキル(EQ2でいうところのレスキュー)がないので、いったん跳ねた場合のリカバリーが難しいけど、まぁ及第点だろう。

 難があったのは硬さだ。半分くらいしかTank装備になっていない急造Tankでは、やはり硬さが足りなかった。正直、「初級ダンジョンだから適当でもどうせクリアできるんだろ」とか思っていたんだけど、かなり真面目に適正な構成を要求するダンジョンだった。急造Tankあやうし、だ。

 とはいえ、まぁそれでもなんとかラスボスまでは死にかけつつも到達できたし、ラスボスも数回ワイプしたものの、コツをつかんだら倒すことができた。各ボスからQL3の青装備(QL4の緑装備よりやや強力)がいくつかでて、なかなかおいしかったよ。

 本番では日本人チームとかでいってみたいものだ。日本人のTSW参戦勢のみなさん、いこうぜ!

 そしてこれは本番では、もっとちゃんとTank装備を取っておいたほうがいいという教訓にもなったな、うんうん。

TSW: ダンジョン初体験」への2件のフィードバック

  1. eyes

    おつかれさまです!
    Wikiの編集などもちょこちょこしてて忙しかったので、久しぶりに見させてもらいました。(編集者すくなすぎw)

    いきなりTankやらされてこなしちゃうところとか、やりますの!しかしなんでNezさんを指定したんだろう、見た目でオーラでもでてたんかな?w

    日記たくさん更新されてて読みがいあります!
    またゆっくり読ませてもらいやす

    返信
  2. Nez/蝿

    Wiki編集とはえらいですね。頑張ってください。

    Tankは・・・こなせたのかどうかは怪しいですが、
    まぁクリアできたのでいいでしょう!
    私指定だったのは、1番HPが多かったからだと思われます。
    言われたときはDPS装備だったので、HPそんなに
    多くもなかったんですけどね。

    またのお越しを!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。