加国12: 1日目(2012年9月15日)

・午前便の多かったヨーロッパ行きと違い、今回は夕方便
・なので午前中にGW2などをしてから出発
・現地の涼しさを想定して7分袖のシャツ
・日本でこれは暑いな
・日暮里からスカイライナーはいつもどおり
・空港でトラブル
・前日にエアカナダで欠航があったらしく、その振り替え便の手配でカウンターが大混雑
・1時間30分かかってやっとチェックイン
・離陸も15-30分くらい遅れた。直行便にして良かった
・飛行機はエコノミーの横一列が2-3-2のサイズ
・3-5-3に慣れていたので頼りなく感じる
・機内食1は、ビーフを選んでビーフシチューのようなもの
・機内食2は、エッグを選んでオムレツとポテト
・機内で映画「バトルシップ」「スノーホワイト」を観た
・「バトルシップ」は馬鹿っぽかったけど熱くなった
・「アベンジャーズ」を観たかったけど、日本語版がなくて断念
・カルガリー空港は田舎風の空港
・案外入国審査が厳し目で時間がかかった
・ここで急激に腹痛。空港のトイレにこもる
・トイレのドアの下が大きく開いているアメリカ型でなんか落ち着かない
・AVISでレンタカーを借りた
・「普通のセダン」にしたはずなのに、配備された車種は「大きなハッチバック」。まぁいいけど
・車種はよくわからないけどメーカーはヒュンダイ。ちょっと不本意
・走行前のチェックでなかなか「燃料コックのオープン方法」がわからずあせる
・正解はレバーがマットで隠されていて見えません、でした。おいおい
・初の海外、初の左ハンドル、初の右車線と、初物尽くしで緊張の出だし
・何とか慣れてきたけども、1回危険な車線変更をしてしまいあせる
・危険走行に巻き込んだ知らない外国の人、ごめんなさい
・途中、謎の湖畔で一休み
・ラテン系の母娘の記念写真のシャッターを切る
・娘はグラマラスな美人さん。うへへ
・車窓の風景は絶景
・広大な草原、牧場、畑の景色
・やがて迫り来るカナディアンロッキーの威容
・走りながらカメラを撮れないのが惜しい
・2時間ほどの走行の後、バンフに到着
・ホテルは洗練されてはいないものの、広い部屋、開放的な雰囲気となかなか良雰囲気
・少し休憩をしてバンフの目抜き通りをさっと見物
・案外涼しくもなく、7分袖シャツに下着だけでも大丈夫
・ただし、この後夕方以降は少し涼しかった
・もうショッピングをするとかいう余裕がなく疲れていたので、雰囲気だけ感じてすぐに撤収
・帰りにスーパーでミネラルウォーター確保
・4本で2ドル。土産物屋だと1本で2ドル。うむ、スーパーはえらい
・レジはおなじみのベルトコンベアー式
・とにかくもう飯を食って寝よう、ということで17:30に早めのディナーへ
・ホテルそばのアイリッシュパブで樽生エールとハンバーガーを採る
・いずれもうまかった!ボリュームもよし!
・支払いのチップが良くわからないのでレシートにチップ込みの値段を書いてクレカとともに渡してみたら、通じた
・ホテルに帰って、今これを書いている
・ホテルはワイヤレスLANが無料なんだけど、すぐに切れる低品質
・とりあえず、疲れたので寝る。おやすみなさい

 以下、写真。


 


   

機内食1

機内食2
   

バンフ国立公園入り口の料金所

Lac des Arcs
   

ホテル前から見たバンフ大通り

アイリッシュパブ「St James’s Gate」
   

バーガーとポテト

宿泊したBanff Internatioal Hotel
   

加国12: 1日目(2012年9月15日)」への2件のフィードバック

  1. 暫くサイト観てない内に海外逃亡してましたか(*´ω`)

    バトルシップの序盤、ピンクパンサーで掴みを取って
    その後真面目に進行しつつ最後のオチでまた笑いを持って行く所は面白いですよね。

    返信
  2. Nez/蝿

    逃亡していました。
    ってすごく長い「しばらく」のうちのわずか1週間だけですよ!
    基本的には日本でゲームしてます。従来どおり。

    バトルシップは普通に大艦巨砲主義的に燃えました

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。