TESO: G13をつかう

 GW2以来、使わずにいた左手キーボード「G13」を使ってみることにした。

 好みの話をすれば、「左手キーボードは大げさで面倒くさいので、できれば普通のキーボードとマウスだけで遊びたい派」なんだけども、TESOはどうもG13を使わないとうまく動けそうになかったので、不本意ながら導入に踏み切った次第だ。

 なぜ、TESOはG13じゃないとダメかというと、「マウスの左右ドラッグで前進しない」からだ。

 WASDで移動しながら、数字キーで殴る、というのは指の本数的に(そして私の能力的に)かなり難しい。だからスキルの使用が忙しい局面での前方向の移動には、多くのMMORPGで採用されている「マウスの左右ドラッグによる前進機能」を活用することで、同時に使用する左手の指の本数を減らすというのが、体に染み付いた癖になっている。でも、TESOではマウスの左右ドラッグにはブロックがアサインされているために、いつものように操作をすると、前進するどころか、その場で停止してブロックをしてしまうのだ。

 ってことで、スキルの使用が忙しい局面下でも、スムーズに移動が出来るように、G13の導入に踏み切った次第だ。
 
 もちろんブロックを別のキーにアサインして、前進を左右ドラッグにアサインする手もある。だけども、郷にいっては郷に従うことにした。TESシリーズはマウスでガードするもの、っていう気がしたからだ。

 今のところ、まだどうもG13でのキーアサインがしっくりこなくてぎこちないんだけども、その辺は時間と、配置の微調整とで解決するしかないだろうな。

 マクロ機能も使えるから、スキルにシナジーとかリソース切れ時の通常攻撃とかをいろいろ仕込むことで、行動ロスも減るだろうし、地点指定をスマートキャストのようにも運用できるし、最終的には効率を上げてくれると期待しているよ。

 なお、一時9000円台だった、名ばかりの新型G13も、今では7000円ほどに値下がりしている様子。チェケラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。