DIV: 新人研修

 なにをどうトチ狂ったのか(誉め言葉)、友人とその友人たちが、リリース2年と1か月後という謎のタイミングで、Divisionに参戦してきた。

 (多少は私の1.8復帰ソロ活動ツイートも参入の刺激になったのだろうか。であればしてやったりだ)

 ってことでこの1週間ほど、これに付き合う形で新キャラを作り、新人たちと一緒にDivisionの元祖本編を堪能しなおす日々を送ったんだけど・・・。

 いやー、面白い面白い。

 何度でもいうけどDivisionの世界は最高だし、今までソロ活動が続いていただけに、久しぶりのマルチプレイはなお面白かった。VCしながらのマンハッタン探検は、走っているだけでも楽しい。最高だ。

 ブルックリンの警察署から始まり、郵便局、西部、東部と駆け抜け、国連本部での戦いまで終えて、ちょうど1週間。友人たちはあっさりとメインストーリを片付け、レベル30もに到達してしまった。

 思った以上に早かったのは、内容が薄いというよりも、それだけ没頭してプレイできたということだろう。悪いことではない。

 さて、リリース当初こそ、「レベル30までは楽しいが、その先がない短命ゲーム」という評価のゲームだったDivision。

 しかし今では、ワールドクラスあげや重要ターゲット任務、チャレンジミッションにレジェンダリーミッション、地下にレジスタンス、望むならDZやラストスタンドでPvPもできる、と、実に多様性にあふれたゲームになっている。

 かつて「最高の素材に、最低の調理」と揶揄されたDivisionは、「今こそDivisionは偉大な地点に到達した」と先日もRedditで熱く語られていたように、2年の歳月を経て、ライフスタイル型ゲームを志向して、大きな進化をとげている。

 そんなタイミングでDivisionに参入した友人一行は運がいい。そして、自分の好きな作品その絶頂期を見てもらえて、私もうれしい。

 この先、彼らが私のように、断続的に何年もDivisionで遊べるか、といわれるとそんなことはないだろう。でも、まだあと1か月は十分遊べるに違いない。

 今後とも、よろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。