BT: Mission 15 “Extraction”

 【背景】

 惑星Panzyrの防衛戦のあと、航行中のArgo号にカノープス統一政体のLady Centrellaからメッセージが届いた。それによると、Argo号の進路上に大きな船団が見えているらしい。タウラスの侵攻軍だろう。

 しかしKameaは漸減するリソースをどこへ投じるかを思案し、これからタウラス連合に襲われる半ダースもの惑星を守るために奔走して、自軍の燃料を消費させることよりも、より重要な作戦のために燃料を温存しておくという決断を下した。

 悲壮な決意を固めたところに、惑星Guldraへ向かったLord Madeiraから通信が入った。

 Lord Madeiraは惑星Guldraで目的のファイルを手に入れたが、まだそれを開くことはできていないという。そして惑星GuldraにDirectorateの侵攻が始まり、独力での脱出が難しいとのことだった。Lord Madeiraの脱出を助け、この紛争の鍵を握るファイルを入手するために、Kameaと軍団は惑星Guldraに向かった。

 軍団が惑星Guldraの衛星軌道上に到達したとき、Lord Madeiraの自動発信メッセージを拾った。それはLord Madeiraが間もなく身柄を拘束されてしまいそうであることと、隠しておいた目的の情報の場所とを、伝えるものだった。

 Lord Madeiraは自分を見捨て、隠してある情報だけを取りに行けと示唆したが、そういうわけにもいかない。軍団はランスにKameaを加え、救出作戦を決行した。

 【自軍戦力】

  • AS7-D-HT Altas II(Kamea搭乗)
  • HGN-732B Highlander(Fly搭乗)
  • DRG-1N Dragon(Ronin搭乗)
  • SHD-2H Shadow Hawk(Behemoth搭乗)

 【敵対戦力】

 Escort

  • GRF-1S Griffin
  • Striker
  • Striker

 Base

  • Manticore
  • Bulldog
  • Bulldog
  • Heavy Laser Turret
  • Heavy Laser Turret
  • LRM Turret

 Ambush Wave

  • FS9-H Firestarter
  • LCT-1V Locust
  • Manticore
  • Bulldog

 Last Wave

  • TDR-5S Thunderbolt
  • SHD-2H Shadow Hawk
  • HBK-4G Hunchback
  • JR7-D Jenner
  • SDR-5V Spider
  • COM-2D Commando

 【ミッション概要】

 最初の目的はLord Madeiraを輸送するAPCの確保・・・だが9割がた失敗するようにできているので、無理して駆けつける必要はない。失敗するシナリオになっている。

 このミッションは敵は弱いものの、長期戦で、数多くの敵と戦うことになるので、序盤は遮蔽物を利用して、損害を少なくできるよう、じっくり戦うのがベターだ。開始地点から道路を北上して、砲台のジェネレーターを早めに壊しておくのがいいと思う。ちなみに真ん中のジェネレーターがLRM砲台のものなので、優先して破壊したい。

 その後は、じわじわと進みながら軽量メック、戦車隊を駆逐して目標地点に向かう。

 最後はメック6体に囲まれながら4ラウンドの防衛戦だ。4ラウンド目終了時にエリア内に全員がいないといけないので気を付けよう。逆に敵をすべて倒さなくても、その時点で終了する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。