NW: 惜敗

 3つ目のExpedition(インスタンスダンジョン)に挑んできた。

 結果:負けた。

 くそぉぉぉぉぉ。

 3つ目のExpeditionは、The Depthというところ。例によって物語的な背景はわからない。

 今までの2つのダンジョンは、ダンジョンの推奨レベルに対して、5レベルくらい自分たちのレベルが上回る時期に挑んだおかげで、比較的余裕をもって挑むことができた。しかし今回は、ほぼ適正レベルでの挑戦になったことで、かなり歯ごたえのある冒険になった。

 特に中ボス戦、大ボス戦は、ともに大苦戦を強いられてしまった。中ボス戦ですらクリアするのに10回近いリトライをする羽目になったし、大ボス戦に至っては、何度挑んでも打開の目が見えないまま、時間切れ、気合切れ、装備の消耗切れ、緊張の糸切れ、といろいろなものが切れたうえで、戦略的撤退を余儀なくされてしまった。負けだ、負け。

 インスタンスダンジョンに挑み、クリアできずに帰るなんて、このゲームでも初めてだし、今までのMMORPGの歴史においても、かなり久しぶりのことだ。RIFT以来くらいだろうか。久しぶりの敗北の味は、苦い。

 でも、このことはもちろん、まぁ、悔しいは悔しいんだけど、一方でこのゲームのインスタンスダンジョンが、それなりにしっかり作られていた、ということの証でもある気がするので、一面では喜ばしいことでもあるかな。PvEコンテンツに疎漏がない。そこを評価しよう。そういう大人の視点で、悔しさをごまかそう。

 しかし、うーん、敗因はなんだったんだろうな。

 まず、純粋に力不足という面はあったと思う。なにが足りないのかはわからないけど、たぶん硬さもDPSもなにもかも足りなかったのだろう。HPの削りあいの部分に余裕がなすぎて、プラスアルファでギミック部分をこなすどころでなかった。

 また、初見ゆえに、ギミックを理解して、攻略法を考えるのに、かなり手間取ったということの影響もある。

 道中では経験者らしき野良の人が、ギミックを(英語で)説明してくれたものの、野良の人の理解もかなり部分的であり、現場で試行錯誤することは結局必要だった。それが楽しいといえば楽しいんだけど、中ボス戦の攻略における、そういった試行錯誤で神経を削られすぎて、大ボス戦になるころには、もう頭脳のスタミナが持たない状態になってしまっていた。もう歳なのだよ、とほほ。

 とはいえ、久々のガチのダンジョン攻略は実に楽しかった。ぜひまた挑みたい。

 救いがあるとすれば、もっとレベルを上げて再戦すれば、苦戦の要因は、かなりの部分で払拭できるだろう、ということだ。腕ではなく、キャラスペックでリベンジできるのがRPGのよさ。それを十分に活かしたい。

 次は「超える力」を備えて挑もう。うむうむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。