MO2: 弓騎兵完成と最近のMO2

 いろんなゲームを並行して遊びつつ、ちんたら育てていた騎射スキルが100になった。

 これでスキル的な部分では、あらかた育て終えたかな。キャラクリはだいぶ完成の域だ。

 あとは、いろんな素材のロアを埋めていったり、辺境の地に売っているスキルブックでしか覚えられないスキルを覚えていく、という伸びしろはあるものの、もうプライマリスキルに関しては枠が全くないので、キャラクター像を作り変える覚悟をしない限りは、伸ばしようがないというのが現状だ。

 残された「ここからダイレクトにキャラクターを成長させることができる要素」は、ずばりクレードギフトのレベル上げくらいかな。

 ただ、これは初心者島だと簡単だったんだけど、本島にきてからは効率がかなり下がっているので、熱心にこれに取り組むというよりは、生活や冒険の合間の山賊退治なんかで、そのうち自然に上がっていくのを願うしかなさそうだ(いや、本気で上げたければ山賊狩りに精を出したりもできるけど、正直めんどい)。

 さて、そんなMortal Online 2だけど、環境にも少し変化があった。

 大きな点は、人が減っているということ。

 リリース直後は人々が殺到しすぎて、ログインキュー待ちが半端ないわ、急遽サーバーが4つ増設されるわと、てんやわんやだったものの、今ではそれは完全に落ち着いた。ログインキューなどまったくないし、なんなら増設されたサーバーも2つ削減されている。

 多くのMMORPGのご多聞に漏れず、このゲームもリリース1か月を経て、そのプレイ人数は激減したようだ。ゲーム内チャットで語られていたことを信じるならば、10000~20000人だったアクティブプレイヤー数が、いまや4000人になっているとかなんとか。元々がそんなにおらんやんけー、という気もしなくもないけど、まぁ、減ったわなと。

 あとは気になっていたのは、課金が始まるかどうかという点。

 Steamで購入したのは、クライアント+1か月分のサブスクリプションという、いにしえのMMORPGでありがちな商品だった。なので、購入後ちょうど1か月が経過した今現在、そろそろロングインできなくなりそうかな、そうなったらプレイの継続は考えちゃうな、とか思っていたんだけど、いまだもって普通にログインできている。

 この件に関して、Twitterで教わった情報によれば、開発側はリリース直後の混乱へのエクスキューズとして、しばらく課金の開始を控えているらしい。なるほど。となると、私のプレイ継続か終了かの判断期限も、これでしばし執行猶予となったわけだ。よしよし。

 とはいえ、じゃぁいずれ課金が始まったどうするのか、と言われると・・・うーん、と、うならざるを得ないな。

 最初の1か月で期待していたのは、やっぱり「寄る辺」が見つかるかどうかだったんだよね。ソロで開始した勢としては、寄り添う日本人ギルドでもあれば、たぶん継続するモチベーションになったと思う。だけど、そういったものには、残念ながらこのゲームでは出会えなかった。ゲームは間違いなく面白い傑作なんだけど、日本においてはコミュニティが育たなかったなぁ。私とてこの点について、なにかアクションを起こしたわけではないから、他力本願な話ではあるんだけどね。

 なので、ここまではキャラ育成だけでも楽しめたけど、この先の楽しみに関しては、あまり楽観視はできない感じだ。

 ってなわけで、じわじわと北斗七星の横に光る小さな星が見えつつあるMortal Online 2。

 しかし、まだ、ちょっとだけ続くのじゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。