日記: 4月22日 (2004年)

 ゲームの話。

 先日買った「ネヴァーウィンター・ナイツ拡張キット シャドウ・オブ・アンドレンタイド(略してSoU)」だけど、あっさりコンプリートしてしまいました。

 プレイ時間は正味15時間弱くらいだったかな? ちょっと、というかかなりボリューム不足の内容で、不満が多い感じだ。シナリオも地味で、仲間も魅力に欠ける。やはりシングルプレイの完成度はBGシリーズに一歩・・・十歩譲り、NWNはあくまでもオンラインRPGツクールなのだと再認識した。ま、CDの枚数からして、BG2の4枚に対して、NWN3枚、SoU1枚だから、当然といえば当然か。

 やたら寄り道が多く、マップが広かったオリジナルNWNとは対照的に、SoUはミッションごとのダンジョン構造が小規模だった。NWNなら、Aシナリオのメインダンジョンが3層、その中の鍵を開けるために進む小ダンジョンがさらに3層x4箇所、全部広く入り組んだモンスターうじゃうじゃマップ、って感じの狂った広さだったのに、SoUの場合、まず1層に、次は2層x4箇所で、ほぼどれも狭めマップ、といったこじんまりとした有様。おかげで早く終わってしまうとはいえ、ゲームの進行テンポはよかったので、PCゲームを買っては、コンプリートせずにお蔵入りという、飽きっぽい人々にはいいのかも知れない。

 クリア時点で、ソーサラー(12)/アーケイン・アーチャー(1)。新要素の上級クラスはほとんど体験できずじまい。アーケイン・アーチャー自体がかなり微妙なクラスで、少なくともマニュアルにあるような「(ウィザードやソーサラーが)戦闘能力を加えるため」に取るものではないようだ。レベル12にもなる段階で、弓を少しだけ強化してもどうにもならない。素直にソーサラーをあげた方が役に立ったようだ。たぶん弓ファイターに取らせるのが一番なんだろうな、これは。

 てなわけで、あっさりとコンプリートし、かつ新要素もあまり体験できなかったので、6000円のソフト代の元は全然とれなかった気分である。悶々。

 続きまして、ゲームの話。

 期待はずれ気味だったMMORPG、SWGことStar Wars Galaxiesの拡張版、「Jump To Lightspeed」が発表なった。X-Wingに乗れるらしい。おおお。キャラのスキル値よりも、プレイヤーの腕前依存度が高いらしい。おおお。

 でも買わないだろうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。