日記: 9月20日 (2004年)

 最近、

 ・朝食:フルーツグラノーラ(360cal)
 ・昼食:ローソンのおにぎり1~2個(180~360cal)
 ・間食・飲み物等:午後ティー500ml(90cal)
 ・夕食:外食色々(~1500calくらい)
 ・夜食:麦茶(0cal)

 ・・・という食生活を送っている。夕食過多は成人病への最短コースという気もするが、まあこんな感じだ。一日に合計で1700~2300calを摂取して生活していることになる。

 厚生省の第6次改定 日本人の栄養所要量によれば、成年男子の摂取カロリー基準は2250~2650calとのことなので、カロリー的にはなんら問題がないようだ。ま、おそらく栄養バランスや、脂質の量からすればかなり大幅にダメなことになってはいるだろうけど。

 さて、昨日テレビで「長寿の秘訣」というような主題の番組をやっていた。なんでも、その番組によれば、長生きの秘訣は低カロリーにあるらしい。番組に出ていた90歳~100歳の元気な老人達は、皆低カロリーで生活してきたといい、なかには何年も野菜ジュースやら栄養ドリンクやらを飲む、液体食生活をメインで送り続けている人もいた。

 うーん、やはり食に楽しみを見出さない方が、人生は長持ちするようだ。

 私はどちらかというと、好きなものを食うことに大変喜びを感じるほうで、おいしい食事のために情熱を燃やすタイプである。上記の朝食、昼食の例示を出したあとでは、ちょっと説得力に欠けるけど、その分夕食時にはうまい味を求めて、頻繁に色々なところへ足を伸ばしてしまったりもする。であるからして、とてもじゃないが長寿の秘訣たる低カロリー生活を、一朝一夕には送れそうもない(特に悪いことに、健康によいもの、カロリーの低いものに限って、あまりうまいと感じない、かわいそうな味覚の持ち主なのである)。

 うーん、にんともかんとも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。