FS: 庶民のシュートは難しい

 伸び悩む今日この頃。

 どーにもチームのお荷物だ。いまだ慣れないPFの動き方、というのもあるけど、上がっていく周囲のプレイヤーのレベルに、私が追いつけていない、というほうが大きい。そのことはまず認めざるをえまい。くう。

 中でもダメなのがオフェンスだ。以前のエントリーでも言ったように、PFの持つ武器は、「入らないミドル」「暴発するカエルシュート」「出しにくいふんわり」「ブロックされるダンク・レイアップ」という具合で、信頼性の高い武器がなにひとつない。それでもとりあえず、発動すれば高確率で入る「ふんわり」と、ブロックされなければ入る「ダンク・レイアップ」を主軸に、なんとかガンバってはいるんだけど、これがまた(私には)難しいのだ。

 まずフェースアップに非常に弱い。上記の主軸武器を使用するには、マークをはずすためにも、シュート自体の発動のためにも、方向キーを同時に入力することが必須なわけだけど、ボールをもっている状態で方向キーを入れると、ふとしたことでフェースアップしている敵ディフェンダーに接触し、ボールをこぼしてしまう。それが怖くて、どうしてもプレイが消極的になってしまい、ますます攻撃が組み立てられなくなっていく悪循環。かといって、フェースアップを引き離すべく後方にすこし下がり、フリーでミドルを打ったところで、これが面白いくらいに入らないのだ。

 そしてボールをこぼすことなく、強気にシュートに持っていけても、フェースアップしている敵ディフェンダーに、うまいこと至近距離に接近されれば、危険な「カエルシュート」が暴発してしまう。シュートにいけたというよりも、「入らないシュートを打たされた」といった具合で、要するに完封されてしまっているのである。

 華麗にかわせず、強引にもいけない悲しさ。嗚呼、フェースアップを余裕でガン無視、安直にミドルに持っていけたF時代が懐かしい。

 そんなわけで最近はもっぱら、とりあえず逃げパス&スクリーン、レイアップと見せかけてCにパス&スクリーン、点差が合ったらダンク狙い失敗のカエルシュート、アリウープラジコン1号、オサレ勝負、部屋探しオンライン、というような他人任せのパス中継点プレイを主軸にして凌いでいる(凌げてないだろ)。Fが点取らなくていいのか、という話もあるけど、そのほうが(私のスキルの関係で)安定しているものでして…。

 でも不思議なことに、そういうプレイスタイルにしたほうが、試合後の評価が高い(AAとかBとかCとか、そういうやつ)というのが複雑な心境だ。1人で20点取ったときより、4点の3アシストの3リバウンドの1ブロック、っていう感じに満遍なくやったほうが、経験値&BPの実入りはいいのだ。FreeStyle…Fは点取り屋じゃなくて、縁の下の力持ち設計なのだろうか、うーむ。

 だんだんLv20の世界も見えてきて、対戦相手も洗練されつつある今日この頃。オチコボレになる日も近い。カモ。
 
 
 

 予断ながら…、
 
 -パワーフォワードのミドルシュートがナイスパス効果を得るように修正。
  既存バージョンではPFのミドルシュートはナイスパスの効果をまったく得られなかった。
  したがってPFよりミドルシュートステータスの低いPGのミドルシュートがより多く入ると感じられたはずだ。
 (http://fsdt.exblog.jp/1880640より引用)
 
 
 なんだってええええええええ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。