GW: 早くもCAが…

 3時間ほどプレイ。うち1時間をスキル集め、2時間をCAでの対戦に費やした。

 CAでは最高7連勝(要するに味方が強かった)したものの、その1回を除いては、勝率5割程度。チョボチョボ勝っては負ける泥仕合を、トータル20戦近く行った。

 以前のエントリーで、トップギルドの対戦を見て「特化型が多いようだ」的なことを言ったばかりだけど、アスカロンアリーナのCAでは、基本戦術に連携というものが希薄だから、どちらかというと万能型のほうが安定しているようだ。CAは、他人に期待できることは、最大限でも「対象を合わせる」程度どまりで(これもまあ、私を含む大多数ができてないが)、間違っても他人への回復/援護行動などを期待してはいけない、という殺伐とした戦場なのである。要するに、戦力計算が自己完結しているキャラほど、多くの場合有効なのだ。

 ってなわけで、勝ち負けはともかくとして、そういう殺伐とした戦場ゆえに、最初の新鮮味が失われてくると、上記戦術上の制限と、選択可能スキル幅が狭いせいで、単調に感じてきてしまった。この手のゲームで最も面白いはずの「工夫」という要素が、相当にスポイルされてしまっているせいで、そこそこ勝てるけど、達成感が得られない。

 そんなわけで、PvPフェイズの解禁までは(あと1日だけど)、スキルを集めるほうに専念しようかなと思う次第。きっと、きっとPvPフェイズになれば、創意工夫あふるる、楽しいバトルがまっているハズ…ハズ…だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。