GW: 活動報告

 ここ2日のGWの活動報告。

 GvG: 3戦3勝。
 トーナメント: 2回挑戦。共に3試合目で敗退。
 RA: 数戦。勝率3割ほど。

 PvE: やってなし。

 以下、それぞれについての雑感と報告。

 ・GvG

 私がベンチでペットボトルを振っていた日々のGvGは、相手が格上ばかりで惨敗に次ぐ惨敗だったらしい。おかげで、すっかりギルドのレートが下がっていて、私が出場枠に恵まれた日の最初の2戦は、スーパー素人チームとマッチメイクされてしまった。運がいいような、そうでもないような、不思議な気分だ。

 我々も人のことを言えた腕前ではないが、それ以上に、目を覆うばかりの散漫な試合っぷりを見せる相手ギルド。これといったピンチを迎えることもなく、テキトーにボタンをポチポチやるだけで、赤子の手をひねるようにして下せてしまった。PvEのモンスター戦よりも楽だったかもしれない。特にそのうちの1戦などは、あまりにも相手が弱かったせいか、レートが1たりとも上昇せず、ギルドの履歴にさえ対戦記録が残らなかったという、いわば黒歴史になるありさまだ。

 ところが残る1戦は、格上の日本ギルドとの激しく熱い戦いとなった。

 日本ギルドが相手だと思うと、なにか燃えるものがある。そう思ったのは私だけではなかったらしく、各々が各々なりの最高のパフォーマンスを見せた。

 序盤、前2戦におけるぬるま湯バトルで気が緩んでいた我々に、渇を入れるかの如く、あっという間に押し込んでくる相手ギルド。この時点であわや崩壊しかけたものの、脅威の粘りを見せる我々。今まででは考えられない奮戦振りだ。このピンチでなんとか踏ん張った我々は、じわじわと相手を押し返し、フラッグタワー近辺での膠着状態に持ち込むことに成功した。

 この間、私は盲目をこれでもかと配り続け、戦線の維持に奮戦していたが、どの程度の効果があったかは不明だ。すごく効果的だったようにも思うし、そうでもなかったようにも思える。とりあえず効果絶大だったと信じよう。

 押されている状況を跳ね除けることができたことでもわかるように、どうやら地力はほんのわずかに我々が上だったらしい。徐々にフラッグタワーの周辺に陣取るようになり、やがてフラッグタワーを背後に背負う位置まで戦線を押し上げることができた。私もこの時点でやっと、盲目だけではなく、気分よくスパイク祭りを実施することができ、数人に対してとどめの一撃をご提供。ヒャッホイバカの面目躍如たるアホヌーカーとして振舞うことができた。余は満足じゃ。

 そのまま、微量に押している状態で、ビクトリー・オア・デスが発動。前回、圧倒的有利な状態で、ビクトリー・オア・デスに持ち込みながら、なんのことかよくわからず負けてしまった反省を踏まえ、焦らずに、落ち着いて現状の優位を維持。勢いを保ったまま、勝利を収めることができた。
 
 GW開始以来、一番嬉しい勝利だったかもしれない。
 
 
 ・トーナメント

 GvGと違って、同ランクの相手を検索してマッチメイクされるわけではないような…。なので、ハイレベル同士以外では、接戦が望めないように感じた。試合展開も、閉鎖空間での殲滅戦、という感じで息苦しく、意外性、娯楽性に乏しい。小細工なしのガチンコ勝負だけに、スキルが問われる腕試しと言えるんだろうけど、私としてはあまり楽しめず、ネガティブな感想ばかりを抱いてしまった。砕いて言えば、つまらない。少なくとも、3戦目までは。その上は知らない~。

 ストイックなコアゲーマー向け。かなぁ。
 
 
 ・RA

 GvGで疲れた後の息抜き場、兼、ベンチ入り時の暇つぶし場、兼、ビルドのテスト場、兼、ポイント稼ぎ場、というだけの存在になりつつある。GvGができるようになった結果、PvPシーンの主役ではなくなってしまったので、勝ち負けにあまり一喜一憂できなくなってしまったのだ。気晴らしになればいいや、暇つぶせればいいや、ビルド試せればいいや、ポイント入ればいいや。そんな感じ。

 とりあえず昨日やっと、GvGとRAで貯めたポイントで、「ついにねんがんのエネルベイトチャージをてにいれたぞ」。エアスパイカーとして、また一つ武器が増えた。うへうへ。
 
 
 ・PvE

 結局、友人ともミッションの進度がズレてしまい、アンロックもあらかたPvPで済ませてしまった上、PvPそのものが面白いので、なかなかやる気にならず。ミッションストーリーの展開は、噂である程度聞いてはいるものの、やっぱりこの目で直に見たいので、いつかは進めたいところだ。

 現在、砂漠到着直後という段階。ミッション同行者募集中。
 
 
 と、長々語りつつ、昨日一番楽しかったのは、GW後に数戦遊んだFSなのは内緒だ。スラ~~~~~ム、ダァ~~~ンク!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。