日記: 3月19日 (2006年)

 私はプロ野球中継を見るのがぜんぜんダメで、野球中継で見たい番組がつぶれたりすると「もうプロ野球終わっていいから」とか思っていたわけですよ。

 でもやっぱ、代表戦はいいね!

 WBC準決勝の日本韓国戦。車で移動中にラジオでずーっと聞いていて、その間ずーっと0-0のまま。で、7回、代打福留、というところでヨーカドーに到着。そのまま下車して、テレビ売り場にちょっと立ち寄ったら、3-0になっているではないか!

 うああああ、いいところ見逃したああああ!!

 でも、福留よくやったあああああ!!!

 そのテレビ売り場、いつもは、もはや家電をヨーカドーで買う時代ではない(かな?)こともあってか、閑散としているフロアなんだけど、この日この瞬間には、テレビの周りにエライ人だかりができていた。テレビ初期の電気屋かっちゅー勢い。で、その観衆の皆さん、5点を一気に入れた7回の攻撃の時には、みんなの心が一体になったかのような、場違いな盛り上がりがあって、非常に面白かったよ。スポーツバーに行く人らは、こんな感覚が楽しいのだろうな。

 ってことで、とりあえず火曜の決勝が楽しみだ。ガンバレ日本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。