日記: 6月10日 (2006年)

 夕飯に、「日清健多郎 鶏がら醤油味(日清食品)」というインスタントラーメンを食った。同名の商品は、袋入り麺とカップ麺の2バージョンがあるようなんだけど、今回食ったのは袋入りのほうだ。

 これは新発売が2005年の初めの頃だったようだから、全然タイムリーではないタイミングでの食レポートだけど、まぁいいでしょう。

 これは、「不足しがちな食物繊維(レタス1個分)、カルシウム(牛乳1本分)、鉄(ほうれん草1袋分)が手軽に摂れる栄養補給袋麺」という、ユニークなコンセプトのインスタントラーメン。ほとんど不健康の代名詞となっているインスタントラーメンをして、健康食品たらしめようという、その着眼点が面白い。

 説明書きによれば、麺の中になにやら健康によさそうなものを、これでもかと練りこみ、しかもノンフライ麺ということで脂質は抑え目・・・という、麺がウリのシロモノ。額面どおりに受け取るならば、そこそこ美味ければ、ジャンクフーダーの私には、非常食として価値のあるアイテムになるかもしれないぞ。

 というわけで、調理し、食ってみた。

 ふむふむ、普通においしいぞ。それどころか、同社のインスタントラーメンの中では一番うまいかもしれない。私のなかでのインスタントラーメンランキングは、永遠のツートップとして「チャルメラ(明星食品)」と「サッポロ一番(サンヨー食品)」の二つが君臨し続けていたんだけど、これはその地位を脅かしかねない好評価だ。もちろん「体に悪くないのかも」という信仰が、評価をややプラスにしているという面も否定できないけども。

 最後に、栄養成分表を、同社のインスタントラーメン「日清のラーメン屋さん 旭川しょうゆ風味(日清食品)」と比べてみよう。

<日清健多郎 鶏がら醤油味> 1食(87g)当たり
  エネルギー: 284kcal
  たん白質: 11.6g
  脂質: 4.9g
  糖質: 47.5g
  食物繊維: 6.4g
  ナトリウム: 2.4g
  ナトリウム:
  (めん・かやく): 0.7g
  ナトリウム:
  (スープ): 1.7g
  ビタミンB1: 0.44mg
  ビタミンB2: 0.38mg
  カルシウム: 228mg
  鉄: 4.9mg
  
<日清のラーメン屋さん 旭川しょうゆ風味> 1食(95g)当たり
  エネルギー: 407kcal
  たん白質: 8.2g
  脂質: 14.8g
  炭水化物: 60.3g
  ナトリウム: 2.6g
  ナトリウム:
  (めん・かやく): 0.7g
  ナトリウム:
  (スープ): 1.9g
  カルシウム: 135mg

 カロリー、脂質の低さが目立つ。たんぱく質が多いのもいい。ビタミンや食物繊維に関しては、後者は記載すらされていないところからして、まぁほぼ皆無なのだろう。記載できるだけ健多郎の頑張りが見て取れるというものだ。

 というわけで、結論としては、なかなかいいんじゃないでしょうか、ということを述べ、終わる。

 また今度買い置きしておこーっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。