DDOJE: EWJE11「トップランナー」

 昨日は22時過ぎにログイン。24時にはログアウトしたかったので、時間的にみて、単発クエでも1個やるのがせいぜいかな、と思っていたんだけど、誘われて入った未完成パーティーでの提案は、「タングルのアイテムがほしいぞなもし」だった。

 私「ランならOK。普通にやるんだと時間がないです」
 メンバー「ふむふむ。でも道わからん」
 私「任せろ!」

 ということで、珍しく私自らが、半ば強引にタングルランの先導を実施した(経緯は少し違うけど)。残りの椅子を埋めるべくLFMをだすと、瞬く間にフルパーティーになる、なかなかの入れ食いっぷりで、すぐに出発することができた。時間がない私としては、速い展開に越したことはない。いいぞいいぞ。

 さて、自分が参加者としてランパーティーに入った時に、一番重要かつ足りないと困るのが、「リーダーの宣言」だ。

 オプションは取るのか、箱は取るのか、誰についていけばいいのか(誰が勝手に違う道に行っても無視していいのか)、リコールしていいのか…etc。こういった宣言がなされずに、リーダーが無言のまま、なんとなく一番前を走る人についていって、オプションを取ったり取らなかったりするというダルダルの展開は、非常にやりにくいし、しばしばパーティーが分裂してしまう。自分の常識他人の非常識、ということがいくらでもあるので、この辺のすりあわせが事前にないと、話している場合じゃないときの行動指針が統一されず、困るのだ。

 というわけで、しょっぱなに「安い箱無視。オプション無視」ということを宣言しておいてから、ランを開始した。

 Chapter 4くらいまでは、1桁分台のハイペースで進んでいく。「無視・無視」の方針が皆わかっているので、行動に迷いがなく、クエストが終わると同時に速やかに神殿に向かいリコールをするメンバーたち。大変よいペースだ。

 それ以降も、滞りなく進み、Chapter 7。そこで事故が起きた。

 ハイペースで油断していたせいもあり、まずしょっぱなにウィザードが死亡。さらにその直後に、プロテクションが切れたことに気がつかなかった私が、敵陣で燃やされて焼死。パーティーの戦力が激減してしまった。

 あわてる私。幽霊になりながら、万が一の事故も許すまいと、突撃するなー、Pullしろー、Buffだー、その敵は無視だー、鍵だー、罠だー、神殿だー、とあれやこれやとやかましく指揮を飛ばす。状況とメンバーの推定知識量からして、指揮をしてなかったら、神殿まで無事にたどり着けなかった可能性は高かったと思うけど、さぞや言われる側はうるさかったことだろう。

 で、そんな苦労と独裁の甲斐あって、なんとか神殿で蘇り、Chapter 7もクリア。私の先導するタングルランは、まぁ一応成功裏に幕を閉じた。

 いやー、やっぱリーダーは疲れるね。イカシたリーダーについていくだけの役回りが、やっぱり一番だ! うむうむ。頼むよ、世のリーダー諸君。

 私の感覚:
 いいリーダーについていく役
 >自分でリーダー
 >>>(バンアレン帯)>>>無言なリーダーについていく役

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。