WAR: 順調に成長中

 Rankが12を越え、活動の場をTier1からTier2に移行できるようになった。早くも遅くもない、ちょうどいいペースでことが進んでいる。

 ちょうどいい早さで遊ぶと、ちょうどよく必要なところに必要なだけの人がいて、いろいろと活動しやすいし、同じペースで遊んでいるらしい「よく見る日本ギルドの人」なんかも、何人か目に付くようになってきて、会話もしたことがないのに、同勢力ということに起因する、妙な一方的仲間意識を覚えつつもある。こういうゲーム世界と有機的に結びつくような感覚が得られるのは、RvR主体MMORPGの強みだと思う。

 さて、私はMagusでプレイしてるんだけども、Rank11で覚えるPBAE Rootを覚えて以来、CC的なことが少しだけできるようになって、面白さが増した。まだCCが少ないRankなので、短時間のRootでもだいぶ影響力が高いのだ。突っ込んでくる敵をまとめてRootしたり、逃げる敵をRootしたりするのは非常に楽しい。シナリオでやってもまったくもってExpやらRPにならないけど、まあいいでしょう。

 ただ、そのせいでだいぶプレイスタイルが変わってしまった。キャスターの基本は言うまでもなく遠距離砲撃で、私もT1の間は教科書どおりにRange 100のDDと、Range 100攻撃のできるPink Horrorを主体に戦ってきた。でもPBAE Rootにハマってしまうと、戦闘距離がおのずと近~中距離になりがちで、Range 100のDDよりも、Range 65のDDやDebuffを多用するようになりつつあるのだ。

 そこで、バクチだなぁとおもいながらも、Rank 12以降に行える専門家ポイントの割り振りを、中距離戦闘のパスに割り振ってみることにした。近距離AEパスも、最終的にドラゴンもどきを召還できるとかで、そそられたんだけど、さすがに近距離パスに振るのはデンジャラスすぎる気がしたので、中途半端な中距離パスだ。愛用ペットはフレイマー君です。

 さて、このプレイスタイルでどこまでやっていけるのかな。うへうへ。

WAR: 順調に成長中」への2件のフィードバック

  1. Ale

    WARは順調に滑り出しましたか?
    せっかくやるのだから続けてくださいね。

    ここに書くのも何なのですが、緊急連絡網です、BBSを見てください。
    他のギルメンもWARで会うのなら、お知らせしてください。
    (読んだら削除してくださいませ(´・ω・`))

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。