日記: 9月24日(2009年)

 帰国したけど報告シリーズ、その6。

 ロンドンのホテルは接続自由だったらしく、追加料金はなかった。追加されなくてもエジンバラより宿泊料金は高かったのだけど。

 【朝】
 8:00~
 ・もういい加減飽きてきたフルイングリッシュブレックファースト風ビュッフェ
 ・ここはハッシュブラウンがうまいな

 【移動】
 9:45~
 ・地下鉄でのんびりとヒースローへ
 ・平日朝10時の地下鉄は空いていて荷物があっても楽チン
 ・逆に言えば、ラッシュ時にロンドン入りするには地下鉄はつらそうだ

 【ヒースロー空港】
 10:40~
 ・出国は入国ほど厳しくなく、さくさく進行
 ・免税店で自分へのお土産のウイスキーを購入
 ・ラフロイグのクオーターカスクと、ハイランドパーク16年にした
 ・再びWeatherspoon系列のパブで昼食
 ・今回のエールはRUDDLE’S COUNTY。そこそこ、かな
 ・ここのフィッシュ&チップスはいまひとつだった
 ・同じWeatherspoonでもエジンバラはうまかったのに残念
 ・小銭を使い切るべく、ポテチやらメモリスティックやらを購入

 【飛行機】
 ・席のリクライニングが壊れていた
 ・クレームをつけたけど、ファーストの空席にご案内のようなおいしい話もなく
 ・でかい外人さんの隣の空席にいかされそうになったので、元の席で我慢するほうを選んだ
 ・スタートレック(カーク船長の若いやつ)を英語字幕で見る
 ・字幕があるだけで案外内容はわかるもんだ
 ・女たらしが改心するコメディを日本語版で見る。なかなか暇がつぶれた
 ・軽く寝る

 【帰国】
 ・あまった小銭をユニセフにぶち込む
 ・ポンド→円交換は、137円
 ・円→ポンドのときは160円だったというのに。く
 ・京成スカイライナーで東京に出て、帰宅

 ってことで、今年の英国旅行は完了だ。飛行機の中で24日から25日になったので、トータル日数は5泊7日となる。

 とりあえず、疲れた疲れた。そして実に楽しかった。

 飛行機、ホテル、食事、その他計画等々を、オール個人手配で海外旅行を行ったのは、実は初めてだった。だから正直いろいろと緊張もしたし、小さな失敗やトラブルもあったけど、終わってみればまたひとつ、自分に繋がっていた鎖が外れたような開放感がある。うん、最高の一週間だったよ。

 しかし・・・この半年ばかり、この計画を支えに日々を過ごしていた部分があるから、ちょっと張り合いがなくなってしまったな。早く次の計画を立てねばなるまい!

 遠いところはしばらくはいけないだろうから、次こそ台湾とかマカオかなぁ。フヒヒ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。