日記: 8月8日(2010年)

 日本のオンライン文化において、印象の悪い食べ物ランキングで上位を占めると思われるもの。ザ・不健康。その名もピザ!

 アメリカの象徴、肥満の権化、脂肪の急先鋒と思われがちなこのピザなんだけども、このたび、ワタクシの趣味の1つである「グルメ通販」の対象として、このピザに白羽の矢を立て、先日入手したので、その顛末や感想を述べたい。

 ってことで、冷凍ピザを通販してみた。

 購入したのは、楽天で評判のよかったピザ・アリオ。手作りのピザを半焼けの状態で冷凍し、送ってくれるらしい。6枚まとめ買いで、1枚あたり500円弱と言う値段は、宅配ピザに比べればだいぶ安いけど、マクドナルドでハンバーガーを食うよりは大幅に高いという微妙な価格。うまければ、まぁ、許せる価格かな。

 届いたピザは、1枚1枚パッキングされた上で、プチプチの緩衝材に包まれてやってきた。かなり厳重な護送体制だ。頼んだのは、無難なトッピングのものを全てクリスピータイプで。値段対重量比を考えると、クリスピータイプは損した気分になるんだけども、ピザといえばクリスピー派だ。

 同梱されていた紙片に記されていた推奨調理法は案外シビアで、「完全に解凍して」「250度で予熱したオーブンで焼く」というのが正式な作法らしい。凍ったままオーブントースターなどという、簡便邪道な手段は断じて許されないようだ。

 完全に解凍する、というのが時間がかかってちょっと面倒くさかったけど、1枚目から自分流の焼きかたをするほどチャレンジャーではないので、今回は指示に忠実に従って焼いた。そして食う。

 おお…ウマイ…かな? …たぶんウマイ。

 OK、OK。わかった。白状しよう。実は私は、そんなにピザというものに造詣が深くないのだ。従って、このピザの絶対的評価が出来ない。でも、とりあえず文句なくウマイ。はずだ。

 少なくとも、冷凍食品で売っている「ミックスピザ」などとは、一線を画すというか、あちらは「ピザ味の丸いトースト」だけども、これはしっかりとピッツァを名乗れるものだ。しかし飛びぬけてウマイかというとそうでもなく、サイゼリアと比べた場合同じランクに思えるし、ジョリーパスタにはちょっとばかし劣るしれない。というか、前述したように、一定水準以上のピザの優劣がよくわからない。全部同じに思える。うへうへ。

 しかし、間違いなくウマイ部類だ。家で焼いたピザとしては、我が家史上最上級だ。そして油まみれの宅配ピザよりも、だいぶヘルシー(に感じられる)なのも見逃せないポイント。ピザが好きで好きでたまらねーぜ!って人には、十分にオススメできるかと思う。

 私に関していえば、別にピザが好きってわけではなく、なんとなく興味本位で買ってみただけなので、頻繁にリピるかというと、そんなこともないだろうけど、でも今回のグルメ通販は案外当たりだったかな。うん。

日記: 8月8日(2010年)」への2件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    ほほう。
    ちょっと高い、というか、重いのかな。トッピングが。

    お試し価格で1枚700円ほど。
    私のピザに傾ける情熱的には、安さで今回の店を選んでしまいそうだ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。