FF14: R15メインクエスト


ウルダハ若大将会議

 最高ランクが15を超えたので、メインクエストを進めてみた。

 すっかり自分の生まれ故郷を忘れていたので(最初、全部の都市で試しにメインクエストをコンプリートしてみたので、そのときにどれが「お試し」で、どれが「本番」だったかを忘れていた)、全都市の酒場やカフェで聞き込みをしてみたところ、ウルダハのモモディさんが私に仕事をくれた。どうやらウルダハスタートだったようだ。

 ってことで、さくさくとメインクエストの続きを行った。たぶんR15になったから受けれるようになったんだと思うんだけど、違ったかな? R10かも? よくわからないけど、まぁ、行ったよ。

 R15メインクエストは、チュートリアル要素の強かったR1メインクエストとは違って、純粋にストーリーを追うことだけに注力されたクエストだった。ここからが本番、といったおもむきだ。あんまりプレイヤーキャラクターの存在感がなくて、「NPCが巻き起こすドラマの傍観者」というような、無意味な立場であることが不自然ではあったけど、まぁまぁ楽しめたかな。後半では、PCにも重要な役割があったしね。

 FF14にはまだ、EQをはじめとする海外RPGのような世界観の厚みはないんだけど(リリース2週間の世界観では仕方がない)、ストーリーの魅せ方とかわかりやすさ、NPCのキャラの立たせかたなんかは、海外MMORPGの比ではないね。ここ「だけ」は勝ってる。さすが映画製作会社だ。ナジェナのうつろの演出で「おおお」とか言ってる場合じゃないぞ、洋ゲーマー諸君。フヒヒ。

 しかしクエストのシナリオは、いろいろな謎を残しつつ、中途半端に終わってしまったなぁ。次はランクがいくつになると進むのかな? 20か25ってとこかな? それまでにR15までの話を忘れそうだけど、ま、今は少し、シナリオの続きが楽しみにおもえている。

 となると・・・R25になるまで、FF14を続けているのかが問題だな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。