RIFT: ヘッドスタート

 2011年2月25日午前3時。定刻どおりヘッドスタート、と同時にサーバーに接続するプレイヤーが大挙して押し寄せた! 後れを取ればログインが叶わなくなるは必至! ログインボタンをコンマ1秒を争う速さで押下する!

 ・・・はずだったのになぁ。

 その頃私は、台所でのうのうと夜食兼朝食のカップヌードルに、生卵を割りいれていたのでした。そしてPCの前に戻れば時刻は3時2分。開始わずか2分で、早くもほぼ全サーバーは満員となり、ログインを試みた私のデスクトップに表示されたものは、非常なる告知「1000人待ちです。ログインできるまでに4時間くらいかかるでしょう」。

 3時前まで一緒にTwitterでツィートし合っていた待機組みが、どんどんとログインしていく中で、私は取り残されてしまった。一体なんのために未明3時に自分が起きているのか、そんなむなしさを感じながらぼーっと画面を眺め、席をはずし、はずしている間に切断され、列に並びなおし、9時間待ちなどと言うふざけた表示に嘆き、Twitterで愚痴り、風呂に入り、また切断され、うああああああああああああ!!!

 で、結局朝7時頃にサーバーのリブートが行われた隙に、やっと入ることができた。欧米産MMORPGで、ここまでのログイン競争をするのはあんまり経験がないので、精神的に大変だった。あぁ、まいったまいった。

 結局この日はRogueを作成して、ログアウトしたら負けだ(再ログインが絶望的なので)、と思って夜まで一度もログアウトせずに、レベル18まで上げた。このあたりの経緯は、もうβテストのうちに2度3度と経験したものなので、あまり新鮮味はないかな。

 サーバーが満員になるくらいなので、さすがにゲーム内はにぎやかだった。このリリース直後のMMORPGの雰囲気は、何度味わっても心が躍る。オンラインゲームジプシーをやっていて良かったと思う瞬間だ。

 大盛況のおかげでRIFTやWarfrontを必要十分にこなすこともでき、終わってみればほぼ期待通りに、楽しく1日を終えることができたかな。終わりよければ全てよし、だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。