RIFT: 生産をする私

 掲題の通り。なぜか生産をよくしている今日この頃。今朝の段階で、WarriorキャラのWeaponsmithと、RogueキャラのOutfitterがそれぞれ150、120に達した。これはそれぞれのレベル(30と19)からすると、割としっかり生産を伸ばしている部類の値だと思う。

 なぜこの生産嫌いの私が、RIFTでは生産をしているのかよくわからないけど、多分「簡単」なのと「路上に落ちている素材がもったいない」のが原因だろう。特に後者は、その「もったいない素材」が、本当に利用価値のある品になるのがRIFTのいいところで、だから無視していくと、お金をすてているような気がしてしまい、せこい私としては落ち着かない。で、結果としてちまちま拾っては、物に換えてる習慣が付いてしまったのだ。

 現在の私のキャラクターとその生産スキル構成は以下の通り。

 Warrior(獲得:布)
  ├Weaponsmith(消費:鉱、石、木、布)
  ├Foraging(獲得:木、草)
  └Mining(獲得:鉱、石)
 Roguer(獲得:布)
  ├Outfitter(消費:布、革)
  ├Apothecary(消費:草、骨)
  └Butchering(獲得:革、骨)

 Warriorは布、鉱、石、木、草を得て、布、鉱、石、木を使う。Rogueは、布、革、骨、を得て、布、革、骨、草、を使う。というような比較的無駄のないサイクルになっている。得たものは基本的に全てなんらか使える。Rogueで戦うことが最近は少ないので、Rogueでしか得られないButchering素材の骨や革が不足気味なのが目下の悩みだ。Warriorから貢がれる布で上げることができるOutfitterはともかく、特にApothecaryがなかなか上がらない。Apothecaryは分解できないというのも、素材不足に拍車をかけている。

 ともあれ、現状、Lv30以上の武器、スロット10のバッグを内製できるようになった。金を出せば買えるものではあるけど、余りがちなWool布をバッグにしたり、Altの装備を整えたりできるのは無駄がなくて気分がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。