RIFT: 続・タンクメイジ

 レベル30を超えたので、前掲のタンクメイジビルドでレベル30から参加可能になるWarfrontのマップ、Whitefall Steppesに参加してきた。

 Whitefall Steppesはほぼ平坦な楕円形のマップで、楕円の両端に両陣営の陣地があり、そこに設置されている互いの旗(宝石のような形)を奪い合うというルールだ。いわゆるCTF(Capture the Flag)という、FPSなどでよくあるルールで、マップの平坦さもあって、これまでで最も単純明快なマップに思えた。

 そんな中で、レベル30になりたてほやほやの私が、厚顔無恥にも参加したわけなんだけども・・・。

 終わってみたらDamage Doneがトップだった。

 思ったよりぜんぜん強かったよタンクメイジさん。というか、DPSビルドのParagonよりダメージを出すとはどういうことだ。すごいぞ!

 ・・・などと偶然を装って言ってはいるけど、まぁ理由はある程度分かってる。1つはForkでDDをばら撒いている、BurstにAE効果がある、など範囲に効果が及ぶ攻撃がParagonより多いこと。もう1つは、遠距離ベースなので攻撃時間が長いことだ。だから、広範囲にちまちまと、戦術的に意味のないダメージを与え続けた結果かもしれないので、勝利につながるダメージが如何ほどだったかはまだ分からない。というか、書いておいてなんだけど、データはデータでしかないしね。上手い下手や、強い弱いとは微妙に違うだろうな。

 とはいえ、条件がそろえば高いダメージを与え続けられる、というのが1つの長所であることもまた事実だ。ちょっと自分で引くくらい結果がよかったので、天邪鬼な私はまた、強くないほうを選びたいということでParagonに心が移っているとかいないとか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。