RIFT: ホームグラウンド

 最近のRIFTはかなり落ち着いている。序盤の興奮期は過ぎ、しかし終盤の退屈な時期でもない。プレイすれば楽しいが、プレイしていなくても我慢できる。毎夜疲れて家に帰るとログインするのが億劫だけど、ログインすると落ち着く。

 そんな心理状態でRIFTと接している感じだ。

 これは、個人的にそのMMORPGが「自分のホームグラウンドになっている」と称している状態だ。かつてはEQ2がその地位にあって、その後しばらくそれに相当するものがなかったんだけど、今ついにRIFTがそこに座しているように感じている。

 「ホームグラウンドになっているゲーム」とは、そのときハマっているゲーム、と言う意味とは少し違う。他のゲームをプレイしても戻ってくる、あるいは他のゲームをしながらもプレイする、というような、ゲームローテーションにおけるスタメン的な存在だ。こういうゲームは、よくありそうであまりない。そうなるための条件が厳しいからだ。

 戻る気になるほどには面白く、でも浮気をする気になるほどには退屈でなければならない。発売直後のゲームはこうならないし、遊び尽くしたゲームもこうはならないし、途中で挫折したゲームでもダメだ。発売からしばらくが過ぎ、新鮮味はないがまだやることはあり、そのやることに向けて少しでも前進の目があり、気安くログインしたりしなかったりできるコミュニティがあり、そして何より代替となる新しいMMORPGがない。そんな奇妙なバランスが必要だ。

 この状況はとても居心地がいいんだけど、もちろんいずれバランスが崩れることでなくなることもわかっている。主な喪失条件は、1)新しいMMORPGがでる、2)コミュニティがなくなる、3)前進の目がなくなる、4)単純に飽きる、のどれかだ。EQ2は、主に2)と3)によってその地位を失った。

 RIFTはこの先どう推移して行くのだろうか。はてさて。

RIFT: ホームグラウンド」への2件のフィードバック

  1. とりちゃん

    絶妙な関係なんですね(≧艸≦*)

    いつか…いつか離れていくのは分かっているんですけど、離れた後もパート2的に発売されれば、また買い求めてプレイしちゃうんでしょうね。

    返信
  2. Nez/蝿

    照れる。

    RIFT2は、どうかなぁ。ずばり出来次第ですね!
    今ナンバリングされいるというだけで
    確実にやると思うのはEQシリーズだけ!
    RIFTにはまだそこまでの思い入れはないかな。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。