日記: 2月1日(2012年)

 一応買っておいたアーマードコアV(ACV)を、やっとこさプレイしてみた。

 とはいえ、サーバーダウン中に1時間と、翌日の帰宅から9時のSWTORデイリー更新までの1時間で、合計2時間ぽっちなんだけどね。これでとりあえず、ストーリーの0、1、2をさくさくっとクリアしてみたんだけども・・・

 いやー、難しいわー。

 過去に私が遊んだアーマードコアシリーズは、前作のアーマードコア・フォーアンサー(ACfA)だけなんだけど、もうすっかりACfAのことは忘れているので、その経験はまったくプレイに活かせない。要するにほぼ初心者としてのスタートだ。そんな私からすると、このゲームはかなり難しいというのが第一印象だ。話によれば、ACVはACfAよりは簡単なんだそうだけど、いやいやいや、十分難しいわ。

 プレイ時間がプレイ時間なので、ゲームの評価については、あんまり踏み込んだことはいえないかな。現状では「たぶん、たのしいんじゃないかなぁ」というようなふわっふわした印象を述べられる程度だ。まぁ、ロボット好きで、操作に挫折しなければ、楽しめるんじゃないでしょうか。

 全体の設計としては、かなりオンラインプレイに比重が置かれていて、ストーリーモードさえもオンライン推奨仕様になっているようだ。推奨人数2人、とか書いてあるストーリーミッションを選ぶと、出撃シーンで友人を呼んだり、呼ばれ待ちのフリーランスのプレイヤー(傭兵)を雇ったりできるようになっている。なので、そういうコミュニケーションが好きな向きなら、なおさら楽しめるかと思われる。

 今回は、自分が操作すらよくわかっていないようなレベルなので、なんとなく気後れして傭兵を呼べず、とりあえずすべて1人で遊んだんだけども、そんなことは気にせずにばんばん呼んで、VCで「へぼですいません」とか言いながら、おんぶに抱っこプレイをするの楽しいのかもしれないね。

 個人的にどうも気に入らないのは、TPSでしかも自機が左右下部に配置される、っつーところかな。斜め下に自機が置かれていると、つい斜めにいることを計算した動きをしようとして、自機を斜行させてしまう。ウェイポイントをまっすぐなぞれない。コクピットビューのFPSにするか、せめて自機位置を中央下部に固定して欲しいものだ。慣れなんだろうけど。

 あとは、やっぱり機体構築は楽しい。構築して、テストするだけで時間が過ぎて行く。SWTORとかぶっているのが本当に残念だけど、まぁチマチマと隙を見ていじって行こうかな、っと。

 【現在のアセン】
 デフォルト中二脚、両手初期装備ガトリング、肩ミサイル、ハンガーに剣。突っ込んでガトリングはへぼでもあたるぜヒャッハー!

日記: 2月1日(2012年)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。