SWTOR: 今後の展望

 BMになって少しモチベーションが下がっているけども、まぁボチボチやっていっているSWTOR。とりあえず次の大型アップデートがどうなるのかは気になるから、そこまでは遊べそうだなぁ。

 ってなわけで、少しその大型アップデートを含んだ、今後の展望について調べて・・・みるのは面倒くさいので、調べて和訳してあったサイトを見てみた。

 以下、そのうちの内容が明瞭な部分を、修正段階ごとに書き分けて羅列。

 【1.1.5】

 ・/roll、/randomの追加
 ・black-yellowの販売
 ・エンドゲーム向けクリスタルの販売
 ・カラークリスタルのDark/Light制限の緩和

 【1.2】

 ・レガシーシステムの拡張:新人種のアンロック
 ・WZ:新ゾーン。同陣営対戦の可能なもの
 ・WZ:ランキングシステムの導入
 ・WZ:キック投票の追加
 ・WZ:報酬の変更
 ・Social Gearの追加、仕様変更
 ・ギルドバンク
 ・UI:ターゲット・オブ・ターゲット
 ・UI:カスタマイズ性の向上

 【それ以降、不明】

 ・サーバー間キャラ転送
 ・ギルドホール/シップ
 ・デュアル/マルチロールの切り替え
 ・War Zoneのクロスサーバーキュー
 ・季節イベントの追加
 ・コンパニオンの頭装備の不可視オプションの追加
 ・フードの上げ下げ
 ・GTNの改善
 ・スマホ連携
 ・セット効果のMod抜き出し、埋め込み
 ・チャットバブル(吹き出し)の導入
 ・ヒーラークラスの調整

 【導入の予定無し】

 ・上級クラスの変更

 ふむふむ。1.2、あんま変わらないじゃないか・・・。

 ライフスタイル的に大きく変わる部分は、War Zoneの変更かな。今のデイリーを事務的にこなして報酬を集める、というスタイルから、より積極的かつ効果的に動いて、良い評価を得て、良い報酬を得る、というものになるようだ。本当にそうなるかは怪しいけど、少なくとも志向している方向性はそうなりそうだ。

 個人的にはMMORPGのPvPに必要なのは競技性ではなくて、役割分担によるヒロイック性の強調だと思うんだけどね。ガチ対戦をするプラットフォームだとは思えない。なのでちらかと言うとWZをフォーカスしないで、IlumのようなOpen World PvPをもっと強化して欲しい。ああいうスタイルこそが、MMORPGでしかできないものだと思うから。その辺は1.3以降に期待なのかもしれないけど、1.2のこの内容で、1.3までモチベーションが持続するかなぁ。うーむ。

 あとは、カラークリスタル関連の変更、というか販売は意味不明だなぁ。これではArtificerの立場がないし、そもそもカラークリスタルの仕様そのものが気に入らない。カラークリスタルは性能と色を分けるべきだったと思うよ。今のハイエンドゲームにおけるTierと色が相関した仕様は、戦場で見るライトセイバーの色にバラエティがなくて面白くない。青、黄色、緑、紫、赤、シアン、マゼンタ、白、黒、いろんな色のライトセイバーが見える戦場が、スターウォーズらしくて雰囲気出るのに。

 同時に、Dark/Lightの制限は緩和しなくていいと思う。これはプレイヤー心理の話だけど、特に勢力と相反するサイドを選んだ人は、「味方の大半と違う色を持っている」というのが1つの喜びだと思うから、その部分を縮小するのはゲームを面白くなくするだけだ。

 ゲームの自由度は、選択の先にあるからこそ、選択する楽しみがあるのであって、選択の前に自由があったら、選択する意味がない。ばいお君、これメモっとけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。